Image Builder cmdlet は、Microsoft PowerShell cmdlet として実装され、VMware PowerCLI に含まれます。Image Builder cmdlet のユーザーは、すべての PowerCLI 機能を利用できます。

PowerShell に精通しているユーザーは、ほかの PowerShell cmdlet と同じように Image Builder cmdlet を使用することができます。PowerShell および PowerCLI に慣れていない場合は、スピードを上げるために次のヒントが役立つ場合があります。

cmdlet、パラメータ、およびパラメータの値は、PowerCLI のシェルに入力できます。

  • Get-Help cmdlet_name を実行すると、任意の cmdlet のヘルプを表示することができます。

  • PowerShell は大文字と小文字を区別しないことに注意してください。

  • cmdlet 名やパラメータ名には、タブ補完を使用します。

  • Format-List または Format-Table (短縮形式は fl または ft) を使用して、任意の変数および cmdlet の出力の形式を整えることができます。Get-Help Format-List を参照してください。

名前によるパラメータの指定

パラメータは多くの場合名前で渡すことができ、スペースや特殊文字を含むパラメータの値は二重引用符で囲むことができます。

Add-EsxSoftwarePackage -ImageProfile profile42 -SoftwarePackage "partner package 35"

オブジェクトによるパラメータの指定

スクリプト処理や自動化を実施する場合は、パラメータをオブジェクトとして渡すことができます。このテクニックは、複数のオブジェクトを返す cmdlet または単一のオブジェクトを返す cmdlet に使用できます。

  1. 複数のオブジェクトを返す cmdlet の出力を変数にバインドします。

    $profs = Get-EsxImageProfile

  2. そのオブジェクトを入力として必要とする cmdlet を実行する場合は、そのオブジェクトに位置 (0 から始まるリスト) でアクセスします。

    Add-EsxSoftwarePackage -ImageProfile $profs[4] -SoftwarePackage partner-pkg

この例では、指定されたソフトウェア パッケージが、Get-EsxImageProfile から返されるリストの 5 番目のイメージ プロファイルに追加されます。

このドキュメントのほとんどの例は、パラメータを名前で渡します。Image Builder のワークフロー には、パラメータをオブジェクトとして渡す例が含まれます。

リモート署名をサポートするためのプロパティの設定

セキュリティ上の理由から、Windows PowerShell は実行ポリシー機能をサポートします。この機能は、スクリプトの実行が許可されているかどうかと、スクリプトがデジタル署名されている必要があるかどうかを判定します。デフォルトでは、実行ポリシーは Restricted に設定されています。これは、最も安全なポリシーです。スクリプトを実行したり、構成ファイルを読み込む必要がある場合は、Set-ExecutionPolicy cmdlet を使用して実行ポリシーを変更することができます。これを行うには、vSphere PowerCLI コンソール ウィンドウで次のように入力します。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

コマンドが成功すると、スクリプトを実行して構成ファイルを読み込むことができます。Windows PowerShell の実行ポリシーおよびデジタル署名の詳細については、次の cmdlet を使用してください。

Get-Help About_Signing