適切に設計された参照ホストは、syslog、NTP などのすべてのサービスに接続します。参照ホストには、セキュリティ、ストレージ、ネットワーク、および ESXi Dump Collector の設定も含まれる場合があります。そのあとで、ホスト プロファイルを使用して、ほかのホストにホストの設定を適用することができます。

参照ホストの設定そのものは環境に依存しますが、次のカスタマイズについても考慮できます。

NTP サーバの設定

大規模な環境でログ情報を収集するときは、ログの回数が調整されていることを確認する必要があります。すべてのホストが共有できる、環境内の NTP サーバを使用するように参照ホストを設定します。NTP サーバは vicfg-ntp コマンドを使用して指定できます。ホストの NTP サービスは vicfg-ntp コマンドまたは vSphere Web Client を使用して開始および停止することができます。

syslog サーバの設定

すべての ESXi ホストは、VMkernel およびその他のシステム コンポーネントからのメッセージをファイルに記録する、syslog サービス (vmsyslogd) を実行しています。esxcli system syslog vCLI コマンドまたは vSphere Web Client を使用して、ログ ホストを指定したり、ログの場所、ローテーション、サイズなどのほかの属性を管理したりできます。リモート ホスト上のログ機能を設定することは、Auto Deploy を使用してプロビジョニングされるホストのうち、ローカル ストレージを持たないホストで特に重要です。任意で、vSphere Syslog Collector をインストールして、すべてのホストからログを収集することができます。

コア ダンプの設定

共有の SAN LUN にコア ダンプを送るように参照ホストを設定するか、環境内に ESXi Dump Collector をインストールして、ESXi Dump Collector を使用するように参照ホストを設定することができます。ESXCLI を使用した、ESXi Dump Collector の構成 を参照してください。ESXi Dump Collector のインストールは、vCenter Server のインストール メディアを使用するか、vCenter Server Appliance に含まれている ESXi Dump Collector を使用して行えます。設定が完了すると、システムに重大なエラーが発生した場合に、VMkernel メモリは指定されたネットワーク サーバに送られます。

セキュリティの設定

ほとんどの導入で、Auto Deploy でプロビジョニングするすべてのホストのセキュリティ設定を同じにする必要があります。必要に応じて参照ホストをカスタマイズします。たとえば、特定のサービスからの ESXi システムへのアクセスを許可するように、ファイアウォールを設定することができます。『vSphere Security』 ドキュメントを参照してください。セキュリティの設定には、すべてのホスト向けの共有ユーザー アクセス設定も含まれます。参照ホストを Microsoft Active Directory 用に設定することで、統合されたユーザー アクセスを実現できます。

注:

ホスト プロファイルを使用して Active Directory を設定する場合は、パスワードは保護されません。Active Directory パスワードの漏洩を防ぐように Active Directory を設定するには、vSphere 認証サービスを使用します。

ネットワークおよびストレージの設定

Auto Deploy でプロビジョニングするホストで使用するために、一連のネットワーク リソースとストレージ リソースを予約する場合、これらのリソースを使用するように参照ホストを設定することができます。

非常に大規模な導入では、環境内のさまざまな監視サービスからあらゆる情報を収集する Enterprise Network Manager が、参照ホストの設定でサポートされます。

図 1. Auto Deploy の参照ホストの設定
Auto Deploy Server および vCenter Server は、スイッチを介して複数の ESXi ホストに接続します。ホストは、ローカル ストレージまたは SAN ストレージのいずれかを使用します。DNS、NTP、syslog、監視などの設定を含む参照ホストの設定により、環境内の syslog サーバ、DNS サーバ、または NTP サーバが構成されます。

Auto Deploy の参照ホストの構成 では、この設定を実行する方法について説明しています。