Inventory Service データベースのバックアップは、災害復旧時、vCenter Server のアップグレード後、またはデータベースを新規マシンに移動するときにリストアできます。

始める前に

  • データベースのバックアップとリストアについては、データベース管理者に問い合わせてください。

  • バックアップ操作またはリストア操作を実行するためのシステム管理者権限があることを確認します。

このタスクについて

データベースのバックアップ元となるマシンは、ソース マシンです。データベースのリストア先となるマシンは、ターゲット マシンです。

手順

  1. ターゲット マシンで、Inventory Service サービスを停止します。
    1. Windows の [管理ツール] コントロール パネルから サービス を選択します。
    2. VMware vCenter Inventory Service を右クリックし、停止 を選択します。

      ステータスが 「開始」 から空白に変わります。

  2. ターゲット マシン上で vCenter Server のコマンド プロンプトを開き、ディレクトリを vCenter Server install location\Infrastructure\Inventory Service\scripts に変更します。
  3. コマンド プロンプトで次のコマンドを実行して Inventory Service データベースをリストアします。

    restore -backup backup_file_name

    リストア操作が終了すると、The Restore completed successfully message というメッセージが表示されます。