vCenter Server の IP アドレスが変更された場合は、Auto Deploy を再登録する必要があります。

このタスクについて

vCenter Server Appliance を使用しているか、Windows にインストールされている vCenter Server システムを使用しているかに関係なく、vCenter Server の IP アドレスが変更された場合は Auto Deploy プロセスを停止し、Auto Deploy を再登録する必要があります。

手順

オペレーティング システムに応じて、再登録作業を行います。

プラットフォーム

タスク

Windows

  1. Auto Deploy プロセスを停止します。

    net stop vmware-autodeploy-waiter

  2. c:\ProgramData\VMware\VMware vCenter Auto Deploy\vmconfig-autodeploy.xml に配置されている設定ファイルを編集し、新しい IP アドレスを指定します。

    IP アドレスの変更以外の理由で再登録を行う場合は、このファイルを編集する必要はありません。

  3. すべての必要なオプションを指定して、autodeploy-register.exe コマンドを実行します。

    autodeploy-register.exe -R -a vCenter-IP -p vCenter-Port -u user_name -w password -s setup-file-path

  4. Auto Deploy プロセスを再開します。

    net start vmware-autodeploy-waiter

VMware vCenter Server アプライアンス

  1. Auto Deploy プロセスを停止します。

    /etc/init.d/vmware-rbd-watchdog stop

  2. すべての必要なオプションを指定して、autodeploy-register コマンドを実行します。

    autodeploy-register -R -a vCenter-IP -p vCenter-Port -u user_name -w password -s setup-file-path

  3. Auto Deploy プロセスを再開します。

    /etc/init.d/vmware-rbd-watchdog start

vCenter Server Appliance の Start ESXi Services ボタンおよび Stop ESXi Services ボタンを使用することもできます。