vCenter Single Sign-On、Inventory Service、および vCenter Server をインストールする前に、前提条件を確認してください。

インストール処理について理解し準備するための前提

システムの前提条件

  • 使用するシステムが vCenter Server、vSphere Web Client、vCenter Inventory Service、および vCenter Single Sign-On のハードウェア要件 および vCenter Server のソフトウェア要件 に一覧表示されている要件を満たしていることを確認し、vCenter Server に必要なポート の説明のように、必要なポートが開いていることを確認します。

  • vSphere 製品をインストールまたはアップグレードする前に、vSphere ネットワークのすべてのマシンの時計を同期します。vSphere ネットワーク上の時計の同期 を参照してください。

  • vCenter Server ホスト マシンの DNS 名が実際のコンピュータ名と一致していることを確認します。

  • vCenter Server をインストールしているマシンのホスト名が、RFC 1123 ガイドラインに準拠していることを確認します。

  • vCenter Server のインストール パスは、ADAM/AD LDS (Microsoft Active Directory Application Mode)のインストール要件と互換性がある必要があります。インストール パスには、ASCII 以外の文字、コンマ (,)、ピリオド (.)、感嘆符 (!)、ナンバー記号 (#)、アット記号 (@)、パーセント記号 (%) のいずれの文字も含むことはできません。

  • vCenter Server をインストールするシステムが Active Directory ドメイン コントローラではないことを確認します。

  • vCenter Server を実行している各システムで、ドメイン ユーザー アカウントに次の権限があることを確認します。

    • システム管理者グループのメンバー

    • オペレーティング システムの一部として機能

    • サービスとしてログオン

  • vCenter Server には、Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 が必要です。システムにインストールされていない場合は、vCenter Server のインストーラによってインストールされます。ファイルを追加でダウンロードするために、.NET 3.5 SP1 インストールでインターネット接続が必要になる場合があります。

  • vCenter Server のインストールに使用するシステムがドメインではなくワークグループに属している場合は、vCenter Server のすべての機能が使用できるとはかぎりません。ワークグループに割り当てられている場合、vCenter Server システムは、一部の機能を使用するときに、ネットワーク上で利用できるすべてのドメインおよびシステムは検出できません。インストール後に Active Directory ID ソースを追加する場合は、マシンがドメインに接続されている必要があります。システムがワークグループまたはドメインのどちらに属しているかを判定するには、マイ コンピュータ を右クリックします。プロパティ をクリックし、コンピュータ名 タブを選択します。コンピュータ名 タブにワークグループ ラベルまたはドメイン ラベルのいずれかが表示されます。

  • NETWORK SERVICE アカウントが vCenter Server がインストールされるフォルダと HKLM レジストリの読み取り権限を持っていることを確認します。

  • インストール時にマシンとドメイン コントローラ間の接続が機能していることを確認します。

  • vCenter Server のインストールの前に、vCenter Server の登録先となる vCenter Single Sign-On インスタンスの [管理ツール] コントロール パネルで、以下のサービスが開始していることを確認します: VMware 証明書サービス、VMware ディレクトリ サービス、VMware ID マネージャ サービス、VMware KDC サービス、tcruntime-C-ProgramData-VMware-cis-runtime-VMwareSTSService。

  • ACSII 以外の文字を含んでいないユーザー名を使用して、ホスト マシンに管理者グループのメンバーとしてログインする必要があります。

ネットワークの前提条件

  • vCenter Server をインストールするシステムの完全修飾ドメイン名 (FQDN) が解決できることを確認します。FQDN が解決可能であることを確認するには、コマンド ラインのプロンプトで 「nslookup your_vCenter_Server_fqdn」 と入力します。FQDN が解決可能な場合は、nslookup コマンドによって、ドメイン コントローラーのマシンの IP と名前が返されます。

  • vCenter Server の IP アドレスで照会されたときに、DNS の逆引き参照で完全修飾ドメイン名が返されることを確認します。vCenter Server のインストール時に、インストーラが vCenter Server の IP アドレスからその完全修飾ドメイン名を検索できない場合、vSphere Web Client をサポートする Web サーバ コンポーネントのインストールに失敗します。リバース ルックアップは PTR レコードを使用して実装されます。PTR レコードを作成するには、vCenter Server ホストのオペレーティング システムのドキュメントを参照してください。

  • vCenter Server システムと vCenter Server システムが管理するホストとの間に、NAT (Network Address Translation) が配置されていないことを確認します。

  • ほかのネットワーク サーバと同様に、vCenter Server は固定 IP アドレスとよく知られている DNS 名を持つマシンにインストールし、クライアントが確実にサービスにアクセスできるようにします。vCenter Server システムを導入する Windows サーバに、固定 IP アドレスとホスト名を割り当てること。この IP アドレスは、有効な (内部) ドメイン名システム (DNS) に登録されている必要があります。ESXi ホスト管理インターフェイスに、vCenter Server とすべての vSphere Web Client からの有効な DNS 解決があることを確認します。 vCenter Server に、すべての ESXi ホストとすべての vSphere Web Client からの有効な DNS 解決があることを確認します。 vCenter Server に固定 IP アドレスではなく DHCP を使用する場合は、vCenter Server のコンピュータ名がドメイン名システム (DNS) 内で更新されていることを確認します。コンピュータ名を指定して ping コマンドを実行し、この接続を確認します。たとえば、コンピュータ名が host-1.company.com の場合、Windows コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

    ping host-1.company.com

    コンピュータ名を ping 送信すると、その名前が DNS でアップデートされます。

  • Active Directory を ID ソースとして使用している場合は、正しくセットアップされていることを確認します。vCenter Single Sign-On サーバ ホスト マシンの DNS には、Active Directory のドメイン コントローラのルックアップ エントリとリバース ルックアップ エントリの両方が含まれている必要があります。たとえば、mycompany.com に対する ping 送信では、mycompany のドメイン コントローラの IP アドレスが返されます。同様に、その IP アドレスに対する ping -a コマンドは、ドメイン コントローラのホスト名を返します。名前解決の問題をホスト ファイルを編集することによって訂正しようとしないでください。代わりに、DNS サーバが正しくセットアップされていることを確認してください。Active Directory の構成の詳細については、Microsoft 社の Web サイトを参照してください。

データベースの前提条件