Auto Deploy は、イメージ プロファイルによって示されるイメージを使用してホストをプロビジョニングします。イメージ プロファイルは、ソフトウェア デポに格納されます。ホストのプロビジョニングを開始する前に、適切なイメージ プロファイルが利用可能であることを確認する必要があります。

始める前に

このタスクについて

ESXi のソフトウェア デポには、ESXi を実行するために使用される、イメージ プロファイルとソフトウェア パッケージ (VIB) が格納されています。イメージ プロファイルは、VIB のリストです。概念実証設定では、VMware によって提供されるデポおよびイメージ プロファイルを使用し、カスタムのイメージ プロファイルは作成しません。

この概念実行設定では、イメージ プロファイルを含む ZIP ファイルをダウンロードします。代わりに、イメージ プロファイルの HTTP URL に Auto Deploy サーバをポイントすることもできます。

カスタム ドライバなどのカスタムの VIB をイメージ プロファイル内に含める必要がある場合は、Image Builder PowerCLI を使用してカスタムのイメージ プロファイルを作成できます。

このタスクの手順には、PowerCLI cmdlet の実行が含まれます。各 cmdlet の詳細については、PowerCLI プロンプトで 「Help cmdlet」 と入力するか、vSphere ドキュメント センターで検索します。

手順

  1. vCenter Server が管理者権限でインストールされている Windows システムのコンソールに対し、直接または RDP を使用してログインします。
  2. ESXi のデポの ZIP ファイルを、当社の Web サイトから、PowerCLI の Windows システムがアクセスできる場所にダウンロードします。

    このファイルには、VMware-Esxi-N.N.N-xxxxx-depot.zip という形式に従った名前が付けられています。

  3. ZIP ファイルをローカルの D:\ ドライブまたは十分な空き容量がある任意のボリュームに保存し、ファイルの場所を書き留めます。
  4. PowerCLI セッションを開始して次の cmdlet をプロンプトで実行します。
    Connect-VIServer -Server your_vc_hostname -User username -Password password <Enter>
    Add-EsxSoftwareDepot path:\VMware-Esxi-version-xxxxx-depot.zip <Enter>

    ダウンロードした ZIP ファイルの完全パスとファイル名を含めます。

  5. Get-EsxImageProfile cmdlet でデポの内容を確認して、ZIP ファイルをデポに正しく追加したことを検証します。
    Get-EsxImageProfile <Enter>

    cmdlet はデポに含まれるすべてのイメージ プロファイルに関する情報を返します。

次のタスク

最初のホストをプロビジョニングするように、また、そのプロビジョニングでデポ内のイメージ プロファイルを使用するように、Auto Deploy を設定します。最初のホストの設定と Auto Deploy でのプロビジョニング を参照してください。