共有属性を使用して複数のホストをカスタマイズするには、参照ホストにホスト プロファイルを作成できます。ホストを個別にカスタマイズするには、ホストごとにユーザー入力を求めるようにホスト プロファイル内のいくつかのフィールドを設定することができます。

ホスト プロファイルを使用すると、参照ホストのストレージ設定や Syslog 設定などの情報を事前に指定でき、作成したホスト プロファイルは、同じ設定を共有する一連のターゲット ホストに適用できます。また、ホスト プロファイルを使用して、ホストに依存する特定の設定を指定することもできます。その際、ホストはメンテナンス モードになります (Auto Deploy でプロビジョニングする場合)。ホストを修正するか、入力を求めるようにホスト カスタマイズをリセットします。システムではユーザー入力が保存され、それはホストの次回起動時に使用されます。

注:

ホスト カスタマイズは、管理者がアクセスできる場所や形式では保存されません。カスタマイズを変更するには、vSphere Web Client のホスト プロファイル UI を使用してください。

ユーザー入力を求めるようにホスト プロファイルが設定されている場合、ホスト カスタマイズをリセットするときに表示されるダイアログに値を指定する必要があります。値を指定しないと、エラーが発生します。

表 1. iSCSI のユーザー入力を求めるホスト プロファイル オプション

ユーザー入力を要求する情報

(ホスト プロファイル オプションの設定用)

iSCSI 用のプロファイルが含まれるシステムにホスト プロファイルを適用する場合は、いくつかのプロパティの指定が求められます。それらのプロパティの多くでは、システムのデフォルト値を使用できます。一部のプロパティでは、値を指定しないとエラーが発生します。

IQN 名

iSCSI の設定で IQN 名が使用されている場合は、ホスト プロファイルを適用する際に入力が求められます。名前を指定するまで続行することはできません。

CHAP 情報

CHAP 認証を要求するように iSCSI を設定している場合は、ホスト プロファイルを適用する際に、ユーザー名やシークレットを含む CHAP 情報の入力を求められます。名前を指定するまで続行することはできません。

  1. ホスト プロファイルの編集 を選択して ストレージ構成 をクリックし、iSCSI イニシエータ構成 をクリックします。

  2. すでに有効になっているイニシエータのフォルダを選択し、イニシエータを設定します。

  3. イニシエータを設定します。ホスト カスタマイズでは、多くのフィールドで入力が要求されます。

表 2. ストレージのユーザー入力を求めるホスト プロファイル オプション

ユーザー入力を要求する情報

(ホスト プロファイル オプションの設定用)

固定 PSP 構成を設定しており、固定 PSP を使用するストレージ アレイのアダプタおよびターゲット ID の入力を求めるプロンプトが表示されるようにします。

このオプションは、固定 PSP を使用するようにアダプタが設定されている場合にのみ設定できます。

  1. ホスト プロファイルの編集 を選択して、ストレージ構成 をクリックします。

  2. ネイティブ マルチパス (NMP) をクリックします。

  3. パス選択ポリシー (PSP) の構成 をクリックします。

  4. [優先パス] ウィンドウで、ユーザーにホスト上のアダプタ ID とターゲット ID を入力するプロンプトを表示 を選択します。

FCoE アダプタのアクティベーションを、ユーザー指定の MAC アドレスに基づいて構成します。

このオプションは、アクティベーション プロファイルが存在する場合にのみ設定できます。

  1. ホスト プロファイルの編集 を選択して、ストレージ構成 をクリックします。

  2. ソフトウェア FCoE 構成 をクリックします。

  3. アダプタの構成 をクリックします。

  4. アクティベーション プロファイルをクリックして ポリシー プロファイル をクリックします。

  5. ドロップダウン メニューから アダプタの MAC アドレスに基づくアクティベーション ポリシー を選択します。

表 3. セキュリティのユーザー入力を求めるホスト プロファイル オプション

ユーザー入力を要求する情報

(ホスト プロファイル オプションの設定用)

ホストが最初に起動するときに、ESXi ホストの管理者パスワードが求められます。

  1. ホスト プロファイルの編集 を選択して、セキュリティおよびサービス をクリックします。

  2. セキュリティの設定 をクリックしてから、セキュリティ構成 をクリックします。

  3. 右側のパネルで、管理者パスワード ドロップダウン メニューから ユーザーが入力したパスワードを使用して管理者パスワードを構成する を選択します。

ESXi ホストのユーザーは事前に構成しますが、そのユーザーのパスワードは、ホストの初回起動時に各ホストで求められます。

このタスクは、ユーザー構成がすでに存在している場合にのみ実行できます。オプションのいずれかを選択してユーザーを構成します。

  • 固定ユーザー構成を割り当て は、ESX/ESXi 4.1 システムとの互換性のために利用できます。このオプションでは、パスワードが暗号化されずに表示されます。

  • 詳細な固定ユーザー構成を割り当て は、ESXi 5.0 以降のシステムのユーザー向けのオプションです。

  • プロファイルにユーザー構成を指定 (ホスト構成中にパスワードの入力が必要) を選択すると、ユーザーに関する情報を指定しながら、パスワードはホストごとに入力を求めることができます。

ホストが Active Directory ドメインに参加するときに、ユーザーに認証情報の入力を要求します。

  1. 固定ドメインを使用するように認証の構成プロファイルを設定します。

    1. ホスト プロファイルの編集 を選択して、セキュリティおよびサービス をクリックします。

    2. セキュリティの設定 をクリックしてから、認証の構成 をクリックします。

    3. Active Directory の構成 をクリックします。

    4. [ドメイン名] ドロップダウン メニューで、固定ドメイン名を構成 を選択します。

  2. ドメインへの参加方法の入力をユーザーに求めるように設定します。

    1. ホスト プロファイルの編集 を選択して セキュリティおよびサービス をクリックし、認証の構成 をクリックします。

    2. Active Directory の構成 をクリックします。

    3. [ドメインへの参加方法] ドロップダウン メニューで、ユーザー指定の AD 認証情報を使用してホストをドメインに参加 を選択します。

表 4. ネットワークのユーザー入力を求めるホスト プロファイル オプション

ユーザー入力を要求する情報

(ホスト プロファイル オプションの設定用)

ポート グループの MAC アドレスの入力をユーザーに求めます。すべてのケースで (構成を適用中に使用されるユーザー指定の MAC アドレス)、システムがユーザーに入力を要求するように設定することも、デフォルト値がない場合にのみ入力を求めるように設定することもできます。

  1. ホスト プロファイルの編集 を選択して ネットワーク構成 をクリックし、ホスト ポート グループ をクリックします。

  2. 管理ネットワーク をクリックします。

  3. vmknic の MAC アドレスを決定する方法を確認 フィールドで、MAC アドレスをシステムでどのように管理するかを選択します。

    • 構成を適用中に使用されるユーザー指定の MAC アドレス

    • デフォルトが利用不能の場合は、ユーザーに MAC アドレスを入力するプロンプトを表示

プロファイルを適用する ESXi ホストごとに、IPv4 アドレスの入力をユーザーに求めます。すべてのケースで (構成の適用中に使用されるユーザー指定の IPv4 アドレス)、システムがユーザーに入力を要求するように設定することも、デフォルト値がない場合にのみ入力を求めるようにすることもできます。

  1. ホスト プロファイルの編集 を選択して ネットワーク構成 をクリックし、ホスト ポート グループ をクリックします。

  2. 管理ネットワーク をクリックして IP アドレス設定 をクリックします。

  3. IPv4 アドレス フィールドで、IPv4 アドレスをシステムでどのように管理するかを選択します。

    • 構成を適用中に使用されるユーザー指定の IPv4 アドレス

    • デフォルトが利用不能の場合は、ユーザーに IPv4 アドレスを入力するプロンプトを表示

プロファイルを適用する ESXi ホストごとに、IPv6 アドレスの入力をユーザーに求めます。すべてのケースで (構成の適用中に使用されるユーザー指定の IPv6 アドレス)、システムがユーザーに入力を要求するように設定することも、デフォルト値がない場合にのみ入力を求めるようにすることもできます。

  1. ホスト プロファイルの編集 を選択して ネットワーク構成 をクリックし、ホスト ポート グループ をクリックします。

  2. 管理ネットワーク をクリックして IP アドレス設定 をクリックします。

  3. 固定 IPv6 アドレス フィールドで、IPv6 アドレスをシステムでどのように管理するかを選択します。

    • 構成を適用中に使用されるユーザー指定の IPv6 アドレス

    • デフォルトが利用不能の場合は、ユーザーに IPv6 アドレスを入力するプロンプトを表示

ホストの DNS 名の入力をユーザーに求めます。すべてのケースで (構成を適用中に使用されるユーザー指定のホスト名)、システムがユーザーに入力を要求するように設定することも、デフォルト値がない場合にのみ入力を求めるようにすることもできます。

  1. ホスト プロファイルの編集 を選択して ネットワーク構成 をクリックし、DNS 構成 をクリックします。

  2. [ホスト名] フィールドで、DNS 構成をシステムでどのように管理するかを選択します。

    • デフォルトが利用不能の場合、ユーザーにホスト名を入力するプロンプトを表示

    • 構成を適用中に使用されるユーザー指定のホスト名

Distributed Switch の MAC アドレス、ポート グループ、またはサービスの 1 つを入力するようにユーザーに求めます。ホストの仮想 NIC フォルダのアイコンを右クリックし、サブプロファイルの追加 アイコンをクリックして設定の適用先コンポーネントを決定します。

デフォルトが使用できない場合のみ、またはすべての場合にユーザーに対してプロンプトを表示できます。

  1. ネットワーク構成 を開きます。

  2. ホスト仮想 NIC をクリックします。

  3. vmknic の MAC アドレスを決定する方法を決定 フィールドで、分散スイッチの MAC アドレスをシステムでどのように管理するかを選択します。

    • 構成を適用中に使用されるユーザー指定の MAC アドレス

    • デフォルトが利用不能の場合は、ユーザーに MAC アドレスを入力するプロンプトを表示

Distributed Switch の IPv4 アドレス、ポート グループ、またはサービスの 1 つを入力するようにユーザーに求めます。ホストの仮想 NIC フォルダのアイコンを右クリックし、サブプロファイルの追加 アイコンをクリックして設定の適用先コンポーネントを決定します。

デフォルトが使用できない場合のみ、またはすべての場合にユーザーに対してプロンプトを表示できます。

  1. ネットワーク構成 を開きます。

  2. ホスト仮想 NIC をクリックします。

  3. IP アドレス設定 をクリックします。

  4. [IPv4 アドレス] フィールドで、分散スイッチの IPv4 アドレスをシステムでどのように扱うかを選択します。

    • 構成を適用中に使用されるユーザー指定の IPv4 アドレス

    • デフォルトが利用不能の場合は、ユーザーに IPv4 アドレスを入力するプロンプトを表示

Distributed Switch の IPv6 アドレス、ポート グループ、またはサービスの 1 つを入力するようにユーザーに求めます。ホストの仮想 NIC フォルダのアイコンを右クリックし、サブプロファイルの追加 アイコンをクリックして設定の適用先コンポーネントを決定します。

デフォルトが使用できない場合のみ、またはすべての場合にユーザーに対してプロンプトを表示できます。

  1. ネットワーク構成 を開きます。

  2. ホスト仮想 NIC を開きます。

  3. IP アドレス設定 を開きます。

  4. 固定 IPv6 アドレス フィールドで、分散スイッチの IPv6 アドレスをシステムでどのように管理するかを選択します。

    • 構成を適用中に使用されるユーザー指定の IPv6 アドレス

    • デフォルトが利用不能の場合は、ユーザーに IPv6 アドレスを入力するプロンプトを表示