Simple Install では、vCenter Single Sign-On、vSphere Web Client、vCenter Inventory Service をインストール後に、インストーラによって vCenter Server のインストールが開始されます。

このタスクについて

注:

IP アドレスが IPv4 に準拠している場合のみ、vCenter Server 5.5 は vCenter Server と vCenter Server コンポーネント間の IP アドレスによる接続をサポートします。IPv6 環境で vCenter Server システムに接続するには、vCenter Server の完全修飾ドメイン名 (FQDN) またはホスト名を使用する必要があります。ベスト プラクティスは、IP アドレス(DHCP によって割り当てられた場合に変わる可能性がある)の代わりに FQDN(すべてのケースで機能する)を使用することです。

手順

  1. (オプション) : ライセンス キーを入力します。

    ライセンス キーを省略した場合、vCenter Server は評価モードになり、60 日の評価期間中はすべての機能を使用できます。インストール後は、ライセンス キーを入力すると vCenter Server をライセンス モードに変更できます。

  2. 使用するデータベースのタイプを選択します。
    • バンドルされているデータベースを使用するには、Microsoft SQL Server 2008 Express インスタンスをインストール (小規模の展開向け) をクリックします。

      このデータベースは、ホスト数が 5 台以内、仮想マシン数が 50 台以内の導入環境に適しています。

    • 既存のデータベースを使用するには、既存のサポートされているデータベースを使用 をクリックし、使用可能な DSN のリストからデータベースを選択します。DSN のユーザー名とパスワードを入力します。

      データベースが Windows NT 認証を使用している場合は、ユーザー名フィールドとパスワード フィールドは無効になります。

    注:

    アップグレードする必要がある古いバージョンのリポジトリを DSN が参照していることについて、警告が表示されることがあります。はい をクリックすると、インストーラによってデータベース スキーマがアップグレードされ、データベースと旧バージョンの VirtualCenter との互換性がなくなります。これは元に戻すことはできません。『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。

  3. vCenter Server サービス アカウント情報を設定します。
    • バンドルされていないデータベースを使用する場合は、vCenter Server のインストール先システムにログインするときに使用する管理者名とパスワードを入力します。

    • バンドルされている SQL Server データベースを使用する場合は、Windows ローカル システム アカウントの使用 を選択します。

    vCenter Server のインストール後にログインするには、ここでユーザー名とパスワードを入力しておく必要があります。

    完全修飾ドメイン名フィールドに、vCenter Server のインストール先のシステムの FQDN が表示されます。vCenter Server インストールで、FQDN が解決可能かどうかが確認されます。解決可能でない場合は、次へ をクリックしたときに警告メッセージが表示されます。解決可能な FQDN にエントリを変更します。IP アドレスでなく、FQDN を入力する必要があります。

    重要:

    入力した FQDN が変更されていないことを確認します。システム名はデプロイ後に変更することはできません。システム名を変更する場合、vCenter Server をアンインストールしてから再度インストールする必要があります。

  4. インストールするコンポーネントごとに、デフォルトのポート番号を受け入れるか、別のサービスがデフォルト ポートを使用している場合は、代替ポートを入力します。
  5. (オプション) : 使用可能な一時ポートの数を増やす を選択します。
  6. vCenter Server で使用されるいくつかの Java サービス用にメモリを割り当てるため、vCenter Server インベントリのサイズを選択します。

    この設定により、VMware VirtualCenter Management Webservices (Tomcat)、インベントリ サービス、および Profile-Driven Storage サービス用の最大 JVM ヒープ設定が決まります。使用環境内のホスト数が変更された場合は、インストール後にこの設定を調整できます。「vCenter Server のハードウェア要件」のトピックにある推奨事項を参照してください。

  7. インストール をクリックします。

    選択したコンポーネントのインストール中は、複数のプログレス バーが表示されます。

タスクの結果

vCenter シンプル インストールが完了しました。

次のタスク

vCenter Server のインストール後を参照してください。