使用するブラウザが vSphere Web Client をサポートしていることを確認します。

次のゲスト OS とブラウザ バージョンはテスト済みであり、vSphere Web Client でサポートされています。

表 1. vSphere Web Client でサポートされるゲスト OS とブラウザ バージョン。

オペレーティング システム

ブラウザ

Windows 32 ビットおよび 64 ビット

Microsoft Internet Explorer 8、9 (64 ビットのみ)、および 10。

vSphere 5.5 Update 1 以降では、Microsoft Internet Explorer 11 を使用できます。クライアント統合プラグインを Microsoft Internet Explorer 11 で機能させるには、互換モードを使用します。この場合、ツール > 互換表示設定 の順に進んで、vSphere Web Client IP アドレスを Web サイトのリストに追加してから、ブラウザを再ロードします。

Mozilla Firefox: 最新のブラウザ バージョン、および vSphere 5.5 が作成されたときのバージョンよりも 1 つ前のバージョン。

Google Chrome: 最新のブラウザ バージョン、および vSphere 5.5 が作成されたときのバージョンよりも 1 つ前のバージョン。

Mac OS

Mozilla Firefox: 最新のブラウザ バージョン、および vSphere 5.5 が作成されたときのバージョンよりも 1 つ前のバージョン。

Google Chrome: 最新のブラウザ バージョン、および vSphere 5.5 が作成されたときのバージョンよりも 1 つ前のバージョン。

これらのブラウザの後続バージョンは正常に動作する可能性が高いですが、テストは行われていません。

vSphere Web Client では、Adobe Flash Player バージョン 11.5.0 以降、および使用しているブラウザに対応するプラグインがインストールされている必要があります。