サードパーティ製のロード バランサを構成して、vCenter Single Sign-On の高可用性を実現できるように、同一の場所にある既存の vCenter Single Sign-On インストールにパートナーとして追加の vCenter Single Sign-On ノードを作成します。

始める前に

手順

  1. ソフトウェアのインストール ディレクトリで autorun.exe ファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。
  2. カスタム インストールで、vCenter Single Sign-On を選択して インストール をクリックします。
  3. インストール ウィザードに表示される指示に従って、[ようこそ] ページを確認し、エンド ユーザー特許協約およびエンド ユーザー使用許諾契約に同意します。
  4. 前提条件チェック画面に何らかの問題が表示された場合、インストールをキャンセルし、問題を修正してから、インストーラを再開してください。
  5. 高可用性 のデプロイ モードを選択します。
  6. この追加ノードを最初の vCenter Single Sign-On サーバにポイントするための情報を入力します。
    注:

    プライマリ ノードが高可用性クラスタの場合、プライマリ ノードのロード バランサのアドレスを入力します。

    1. パートナー ホスト名を入力します。

      このパートナー ホスト名は、レプリケート元となる既存の vCenter Single Sign-On サーバの IP アドレスまたは DNS 名です。

    2. 既存の vCenter Single Sign-On サーバの vCenter Single Sign-On 管理者アカウント (administrator@vsphere.local) のパスワードを入力します。
  7. パートナー証明書を確認し、承諾します。
  8. [サイト名] ドロップダウン メニューから、最初の vCenter Single Sign-On サーバのサイト名を選択し、次へ をクリックします。
  9. vCenter Single Sign-On 用の HTTPS ポートを承諾または変更します。
  10. デフォルトの vCenter Single Sign-On インストール フォルダを承諾または変更します。
  11. インストール オプションを確認し、インストール をクリックします。

次のタスク

プライマリ インスタンスと高可用性の vCenter Single Sign-On インスタンスは、サードパーティ製のロード バランサの内側に配置する必要があります。

重要:

高可用性の vCenter Single Sign-On 構成を実現しないと、新しい vCenter Single Sign-On インスタンスをインストールした際に予期しない動作が起こることがあります。