ダイレクト コンソール インターフェイスは、初期の ESXi 構成とトラブルシューティングに使用します。

ダイレクト コンソールを使用するには、キーボードとモニタをホストに接続します。ホストの自動構成段階が完了すると、モニタにダイレクト コンソールが表示されます。デフォルトのネットワーク構成を確認し、ネットワーク環境と互換性がない設定を変更できます。

ダイレクト コンソールでは、キーを使用して次の処理を行えます。

  • ホストの構成

  • 管理用アクセスの設定

  • トラブルシューティング

また、vSphere Web Client を使用して vCenter Server からホストを管理することもできます。

表 1. ダイレクト コンソールでの操作

操作

キー

構成の表示と変更

F2

ユーザー インターフェイスのハイコントラスト モードへの変更

F4

ホストのシャットダウンまたは再起動

F12

フィールド間での選択の移動

矢印キー

メニュー項目の選択

Enter

値の切り替え

スペースバー

構成をデフォルトにリセットするなどの、注意を払う必要があるコマンドの確認

F11

保存して終了

Enter

保存せずに終了

Esc

システム ログを終了

q