Auto Deploy は、プロビジョニング対象のホストに起動イメージを送るために、TFTP サーバを利用しています。環境に TFTP サーバをインストールする必要があります。

始める前に

システムがインストール前チェックリストの要件を満たしていることを確認します。概念実証のインストール前チェックリスト を参照してください。

このタスクについて

このタスクでは、TFTP サーバのインストールのみを実施します。後の手順で構成ファイルをサーバにダウンロードします。vSphere Web Client での Auto Deploy および TFTP 環境の構成 を参照してください。

手順

  1. vCenter Server が管理者権限でインストールされている Windows システムのコンソールに対し、直接または RDP を使用してログインします。
  2. TFTP サーバ ソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

    このサンプルの設定では、WinAgents の TFTP サーバを使用します。Windows 2008 に含まれる TFTP サーバは、Windows ネットワークのデプロイに密接に結び付けられているため、Auto Deploy には適していません。

  3. TFTP のルート ディレクトリを D:\Drive または類似の場所 (D:\TFTP_Root\ など) として構成します。

次のタスク

vSphere PowerCLI をインストールして設定します。PowerCLI cmdlet を使用して、イメージ プロファイルおよびホスト プロファイルをホストに割り当てるルールを記述します。vSphere PowerCLI のインストールおよび設定 を参照してください。