イメージ プロファイルを作成して PowerCLI セッションを終了すると、新しいセッションの開始時にそのイメージ プロファイルを利用できません。イメージ プロファイルをソフトウェア デポの ZIP ファイルにエクスポートして、そのデポを次のセッションで追加することができます。

始める前に

手順

  1. PowerCLI セッションで、既存のイメージ プロファイルのクローンを作成して VIB を追加するなどの方法で、イメージ プロファイルを作成します。
  2. セッションを終了する前に、ExportToBundle パラメータを指定した Export-EsxImageProfile を呼び出して、イメージ プロファイルを ZIP ファイルにエクスポートします。

    Export-EsxImageProfile -ImageProfile "my_profile" -ExportToBundle -FilePath "C:\isos\temp-base-plus-vib25.zip"

  3. PowerCLI セッションを終了します。
  4. 新しい PowerCLI セッションの開始時に、デポを追加してイメージ プロファイルにアクセスします。

    Add-EsxSoftwareDepot "C:\isos\temp-base-plus-vib25.zip"