CPU (MHz) のチャートは、クラスタの CPU 使用量を表示します。

クラスタ カウンタ

このチャートは、クラスタの パフォーマンス タブの [ホーム] ビューにあります。

表 1. データ カウンタ

チャートのラベル

説明

使用量

クラスタにある仮想マシンすべての平均 CPU 使用量の値の合計(メガヘルツ)。

  • カウンタ:usagemhz

  • 統計タイプ:比率

  • 単位:メガヘルツ (MHz)

  • ロールアップ タイプ:平均 (最小値/最大値)

  • 収集レベル: 1 (4)

合計

クラスタで使用できる CPU リソースの合計。最大値は、コアの数にプロセッサの周波数を掛けた数字に等しくなります。

たとえば、クラスタに 2 台のホストがあり、それぞれ 3GHz の CPU 4 つを搭載し、2 つの仮想 CPU を持つ仮想マシン 1 台があるとします。

仮想マシンの totalmhz = 2 つの vCPU × 3,000MHz = 6,000MHz

ホストの totalmhz = 4 つの CPU × 3,000MHz = 12,000MHz

クラスタの totalmhz = 2 x 4 x 3,000MHz = 24,000MHz

  • カウンタ: totalmhz

  • 統計タイプ:比率

  • 単位:メガヘルツ (MHz)

  • ロールアップ タイプ: 合計

  • 収集レベル: 1

チャートの分析

CPU 使用量の瞬間的な上昇は、クラスタ リソースを最大限に活用していることを意味します。ただし、その値が常に高い場合、使用可能な CPU 容量よりも CPU の要求が大きいことがあります。CPU 使用量の値が高いと、クラスタのホスト上にある仮想マシンのプロセッサ キューおよび準備時間が増加することがあります。

パフォーマンスに影響がある場合、次の対応策を検討してください。

表 2. CPU パフォーマンスの向上に関するアドバイス

#

対策

1

各仮想マシンに VMware Tools がインストールされていることを確認する。

2

クラスタが DRS クラスタではない場合、DRS を有効にする。クラスタを選択し、管理 > 設定 > vSphere DRS > 編集 > vSphere DRS をオンにする をクリックします。

3

クラスタが DRS クラスタの場合は次の処理を行う。

  • ホストの数を増やし、1 台以上の仮想マシンを新しいホストに移行させます。

  • しきい値の積極性を確認します。値が低い場合、しきい値を増やします。これにより、クラスタで高負荷部分が発生するのを回避できます。

4

1 台以上の仮想マシンを新しいホスト上に移行する。

5

必要に応じて、クラスタ上の各ホストの物理 CPU またはコアをアップグレードする。

6

TCP セグメンテーション オフロードなど、CPU 節約機能を有効にする。

7

ソフトウェア I/O を、iSCSI HBA や TCP セグメンテーション オフロード NIC など専用ハードウェアに交換する。