CPU (MHz) のチャートは、フォールト トレランス機能を持つ仮想マシンの仮想 CPU 使用量を表示します。

このチャートは、仮想マシンの パフォーマンス タブの Fault Tolerance ビューにあります。収集レベル 3 および 4 でのみ利用可能です。

表 1. データ カウンタ

名前

説明

使用量

プライマリおよびセカンダリのフォールト トレランス仮想マシン上で使用中の仮想 CPU の平均量 (1 CPU インスタンスあたり)。

  • カウンタ:usagemhz

  • 統計タイプ:比率

  • 単位:メガヘルツ (MHz)

  • ロールアップ タイプ:平均 (最小値/最大値)

  • 収集レベル: 3 (4)

チャートの分析

プライマリ仮想マシンおよびセカンダリ仮想マシンで CPU 使用量に大きな違いがある場合、パフォーマンス上の問題がある可能性があります。各仮想マシンの CPU 準備時間、システム時間、および待機時間を同期します。これらの値に大きな違いがあると、パフォーマンスに問題がある可能性があります。次の方法を実行することを検討してください。

表 2. CPU パフォーマンスの向上に関するアドバイス

#

対策

1

プライマリおよびセカンダリのホストが同じ CPU モデル ファミリに属し、同じような CPU 構成になっていることを確認する。最良の結果を得るには、同じステッピング レベルの CPU を使用します。

2

両方の仮想マシンに設定されている CPU 予約がクラスタ内で同じであることを確認する。すべての仮想マシンがクラスタ内でパワーオン状態であると仮定し、メモリおよび CPU の最大予約量を計算することで、VMware HA で最悪のシナリオに備えます。

3

両方の仮想マシンのネットワーク接続およびデータストア接続が類似していることを確認する。

4

BIOS で電力管理 (電力制限) をオフにします。電力管理がオンになっていると、セカンダリ ホストが低パフォーマンスな省電力モードに変わります。このようなモードでは、セカンダリ仮想マシンの CPU リソースが不十分になることがあり、プライマリで完了した全タスクをセカンダリで適時に完了できない可能性が生じます。

5

BIOS でハイパースレッドをオフにします。ハイパースレッドが有効で、セカンダリ仮想マシンがリソース消費の多い別の仮想マシンと CPU を共有している場合、セカンダリ仮想マシンの動作が遅くなりすぎてプライマリで完了した全タスクを適時に完了できないことがあります。