収集間隔によって、統計が集計、計算、ロールアップ、およびアーカイブされる期間が決まります。収集間隔および収集レベルを指定することで、収集して vCenter Server のデータベースに保存する統計データの量も決定できます。

表 1. 収集間隔

収集間隔またはアーカイブ期間

収集頻度

デフォルトの動作

1 日

5 分

リアルタイム統計がロールアップされ、5 分ごとに 1 データ ポイントが作成されます。結果的に、1 時間に 12 個、1 日に 288 個のデータ ポイントが作成されます。30 分経過すると、収集された 6 個のデータ ポイントが 1 週間の時間範囲用のデータポイントとして集計されロールアップされます。

統計設定を変更することで、1 日の収集間隔の間隔の長さとアーカイブ期間を変更できます。

1 週間

30 分

1 日の統計がロールアップされ、30 分ごとに 1 データ ポイントが作成されます。結果的に、1 日 48 個、1 週間に 336 個のデータ ポイントが作成されます。2 時間ごとに、収集された 12 個のデータ ポイントが 1 ヶ月の時間範囲用のデータポイントとして集計されロールアップされます。

1 週間というデフォルトの収集間隔の設定は変更できません。

1 ヶ月

2 時間

1 週間の統計がロールアップされ、2 時間ごとに 1 データ ポイントが作成されます。結果的に、1 日に 12 個、1 ヶ月に 360 個 (1 ヶ月を 30 日と想定) のデータ ポイントが作成されます。24 時間後、収集された 12 のデータ ポイントが集約され、1 年 という期間のデータポイントとしてロールアップされます。

1 ヶ月というデフォルトの収集間隔の設定は変更できません。

1 年

1 日

1 ヶ月の統計がロールアップされ、1 日ごとに 1 データ ポイントが作成されます。結果的に、1 年間に 365 個のデータ ポイントが作成されます。

統計設定を変更することで、1 年の収集間隔の間隔の長さとアーカイブ期間を変更できます。