収集間隔にはそれぞれデフォルトの収集レベルがあり、そのレベルによって、収集されるデータの量と、チャートに表示できるカウンタが決まります。収集レベルは、統計レベルとも呼ばれます。

表 1. 統計レベル

レベル

メトリック

ベスト プラクティス

レベル 1

  • クラスタ サービス (VMware Distributed Resource Scheduler): すべてのメトリック

  • CPU: cpuentitlement、totalmhz、usage (平均)、usagemhz

  • ディスク: capacity、maxTotalLatency、provisioned、unshared、usage (平均)、used

  • メモリ: consumed、mementitlement、overhead、swapinRate、swapoutRate、swapused、totalmb、usage (平均)、vmmemctl (バルーン)

  • ネットワーク: usage (平均)、IPv6

  • システム: heartbeat、uptime

  • 仮想マシン操作: numChangeDS、numChangeHost、numChangeHostDS

デバイス統計が不要な場合の、長期のパフォーマンス監視に使用します。

レベル 1 は、すべての収集間隔におけるデフォルトの収集レベルです。

レベル 2

  • レベル 1 のメトリック

  • CPU: idle、reservedCapacity

  • ディスク: numberRead および numberWrite を除くすべてのメトリック

  • メモリ: memUsed と最大および最小のロールアップ値を除くすべてのメトリック

  • 仮想マシン操作: すべてのメトリック

デバイス統計は不要だが、基本統計よりも詳細な監視を行う場合の、長期のパフォーマンス監視に使用します。

レベル 3

  • レベル 1 およびレベル 2 のメトリック

  • 最小および最大のロールアップ値を除くすべてのカウンタのメトリック

  • デバイス メトリック

問題発生後に、またはデバイス統計が必要な場合に、短期のパフォーマンス監視に使用します。

大量のトラブルシューティング データが取得および記録されるため、レベル 3 は可能なかぎり短い期間 (日または週の収集間隔) に対して使用してください。

レベル 4

最小および最大ロールアップ値を含む、vCenter Server がサポートするすべてのメトリック

問題発生後に、またはデバイス統計が必要な場合に、短期のパフォーマンス監視に使用します。

大量のトラブルシューティング データが取得および記録されるため、レベル 4 は可能なかぎり短い期間に対して使用してください。