SNMP 管理ソフトウェアがトラップを受信しないようにする場合は、それらのトラップを除外するように ESXi SNMP エージェントを構成できます。

始める前に

ESXi SNMP 構成には ESXCLI コマンド セットが必要です。ESXCLI へのアクセス方法については、『vSphere コマンドライン インターフェイス スタート ガイド』を参照してください。

手順

  1. vSphere CLI から、esxcli system snmp set --notraps oid_list と入力します。

    oid_list は、フィルタリングするトラップの OID の、コンマ区切りの一覧です。このリストは、前にこのコマンドを使用して指定した OID をすべて置き換えます。

    たとえば、coldStart (OID 1.3.6.1.4.1.6876.4.1.1.0) および warmStart (OID 1.3.6.1.4.1.6876.4.1.1.1) トラップを除外するには、esxcli system snmp set --notraps 1.3.6.1.4.1.6876.4.1.1.0,1.3.6.1.4.1.6876.4.1.1.1 と入力します。

  2. (オプション) : SNMP エージェントを有効にしていない場合は、esxcli system snmp set --enable true と入力して、有効にします。

タスクの結果

指定した OID で特定されるトラップは、SNMP エージェントの出力から除外され、SNMP 管理ソフトウェアには送られません。

次のタスク

すべてのトラップ フィルタをクリアするには、esxcli system snmp set --notraps reset と入力します。