vSphere Web ClientvCenter Server に接続されている場合、システム ログ ファイルのダウンロード元のホストを選択できます。

このタスクについて

ESXi ホストおよび vCenter Server の診断データを保存するには、vSphere Web ClientvCenter Server システムに接続する必要があります。

必要な権限:

  • 診断データを表示する場合:読み取り専用ユーザー

  • 診断データを管理する場合:グローバル > 診断

手順

  1. インベントリで、vCenter Server インスタンスに移動し、監視 タブをクリックします。
  2. システム ログ をクリックします。
  3. システム ログのエクスポート をクリックします。
  4. vCenter Server に接続している場合は、データをエクスポートするオブジェクトを選択します。

    オブジェクトを選択すると、その子オブジェクトがすべて選択されます。

  5. vCenter Server に接続している場合は、vCenter Server および vSphere Client からの情報を含む を選択し、vCenter ServervSphere Client のログ ファイルおよびホスト ログ ファイルをダウンロードして、次へ をクリックします。
  6. 選択したホストで、システム ログ ファイルの生成ファイル ベースのエクスポートがサポートされる場合は、収集するシステム ログ ファイルを選択します。ダウンロードする特定のシステム ログ ファイルを選択します。

    ホストでログ ファイルの生成ファイル エクスポートがサポートされない場合、すべてのシステム ログ ファイルがエクスポートされます。

  7. パフォーマンス データの収集 を選択して、ログ ファイル内にパフォーマンス データ情報を含めます。ログ バンドルの生成 をクリックします。

    データを収集する期間と間隔を更新できます。

  8. ログ バンドルが生成されたら、ログ バンドルのダウンロード をクリックして、ローカル コンピュータに保存します。
  9. ログ ファイルの保存場所を指定します。

    ホストまたは vCenter Server によって、ログ ファイルを含む .zip バンドルが生成されます。最近のタスク パネルに、「診断バンドルの生成」という進行中のタスクが表示されます。

  10. 保存 をクリックします。

    診断バンドルの生成タスクが完了すると、ログ バンドルのダウンロード ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスには、各バンドルのダウンロード ステータスが表示されます。

    一部のネットワーク エラーがダウンロード障害の原因になる可能性があります。ダイアログ ボックスで個々のダウンロードを選択すると、ログ バンドル ファイルの名前と場所の下に、その操作のエラー メッセージが表示されます。

  11. [サマリ] でその情報を確認し、終了 をクリックしてログ ファイルをダウンロードします。

タスクの結果

指定したオブジェクトのログ ファイルを含む診断バンドルが、指定した場所にダウンロードされます。