再生モードでコマンドライン オプションを使用できます。

次の表は、esxtop 再生モードで使用可能なコマンドライン オプションを示します。

表 1. 再生モードのコマンドライン オプション

オプション

説明

R

‎vm-support によって収集されたスナップショットのディレクトリへのパス。

a

すべての統計情報を表示します。このオプションは、構成ファイルの設定をオーバーライドして、すべての統計情報を表示します。構成ファイルは、デフォルトの ~/.esxtop50rc 構成ファイル、またはユーザー定義の構成ファイルのいずれかです。

b

esxtop をバッチ モードで実行します。

c ファイル名

ユーザー定義の構成ファイルをロードします。-c オプションを使用しない場合、デフォルトの構成ファイル名は ~/.esxtop50rc です。独自の構成ファイルを作成して別のファイル名を指定するには、単一キー対話コマンドの W を使用します。

d

パネル更新間の遅延を指定します。デフォルトは 5 秒です。最短時間は 2 秒です。2 秒未満の遅延を指定した場合、遅延は 2 秒に設定されます。

n

反復回数。esxtop は、表示をこの回数だけ更新してから終了します。