vSphere Web Client では、インストール済みソリューションのインベントリの表示、ソリューションに関する詳細情報の表示、ソリューションの健全性ステータスの監視を行うことができます。ソリューションは、vCenter Server インスタンスに新しい機能を追加する、vCenter Server の拡張機能です。

vCenter Server と統合される VMware 製品もソリューションと見なされます。たとえば、vSphere ESX Agent Manager は VMware が提供するソリューションの 1 つであり、これを使用して、ESX/ESXi ホストに新しい機能を追加するホスト エージェントを管理できます。vSphere が提供する別の標準ソリューションとして、vService Manager があります。

サードパーティ製のテクノロジーからソリューションを vCenter Server の標準機能にインストールして、機能を追加することもできます。ソリューションは通常、OVF パッケージとして配布されます。ソリューションは、vSphere Web Client からインストールおよびデプロイできます。また、ソリューションは vCenter Solutions Manager に統合できます。これにより、すべてのソリューションのリストが vSphere Web Client に表示されるようになります。

仮想マシンまたは vApp で何らかのソリューションが実行されている場合、vSphere Web Client のインベントリでカスタム アイコンによってそのことが示されます。各ソリューションで、仮想マシンまたは vApp がそのソリューションによって管理されていることを識別するための一意のアイコンが登録されます。アイコンには電源状態(パワーオン、一時停止、パワーオフ)が表示されます。ソリューションが複数のタイプの仮想マシンまたは vApp を管理している場合は、複数のタイプのアイコンが表示されます。

仮想マシンまたは vApp をパワーオンまたはパワーオフすると、Solutions Manager で管理されているエンティティでこの操作が行われていることが通知されます。ソリューションによって管理されている仮想マシンまたは vApp で操作を試みると、情報警告のメッセージが表示されます。

詳細については、『vSphere ソリューション、vService および ESX エージェントの配置および開発』ドキュメントを参照してください。