メモリ (MB) のチャートは、クラスタの消費メモリを表示します。このチャートは収集レベル 1 の場合のみ表示されます。

このチャートは、クラスタの パフォーマンス タブの [ホーム] ビューにあります。

表 1. データ カウンタ

チャートのラベル

説明

消費

クラスタ内でパワーオン状態になっているすべての仮想マシンが使用しているホスト マシン メモリの合計。クラスタで消費されたメモリの内訳は、仮想マシンで消費されたメモリとオーバーヘッド メモリです。サービス コンソールまたは VMkernel で使用されるメモリなど、ホスト固有のオーバーヘッド メモリは含まれません。

  • カウンタ: consumed

  • 統計タイプ: 絶対値

  • 単位: メガバイト (MB)

  • ロールアップ タイプ:平均 (最小値/最大値)

  • 収集レベル: 1 (4)

合計

仮想マシン メモリ (ゲスト OS が使用する物理メモリ) および仮想マシン オーバーヘッド メモリとして使用できるクラスタ内のすべてのホストのマシン メモリの合計。

合計メモリ = ホスト マシンのメモリ合計 - (VMkernel メモリ + サービス コンソールのメモリ + その他のサービス メモリ)

注:

totalmb データ カウンタは effectivemem データ カウンタと同じです。これは後方互換性用にのみサポートされています。

  • カウンタ: totalmb

  • 統計タイプ: 絶対値

  • 単位: メガバイト (MB)

  • ロールアップ タイプ:平均 (最小値/最大値)

  • 収集レベル: 1 (4)

チャートの分析

メモリ使用量は、パフォーマンスの問題の指標にはなりません。ホストでスワップまたはバルーンが発生し、その結果仮想マシンのゲストでスワップが発生した場合、メモリ使用量は高くなります。このような場合、CPU のオーバーコミットやストレージの遅延など、ほかの問題を確認してください。

クラスタ、リソース プール、または vApp のメモリ使用量が常に高い場合、次の対応策を検討してください。

表 2. メモリ パフォーマンスの向上に関するアドバイス

#

対策

1

各仮想マシンに VMware Tools がインストールされていることを確認する。

2

バルーン ドライバが有効であることを確認する。バルーン ドライバは VMware Tools と一緒にインストールされるもので、パフォーマンスの向上に大きく影響します。VMkernel はバルーンやスワップによって、未使用の仮想マシン メモリを定期的に回収します。一般的に、これは仮想マシンのパフォーマンスに影響を与えません。

3

バルーン値が大きい場合、ホスト上の仮想マシンおよびリソース プールについて、リソース共有、予約、および制限を確認します。ホストの設定が適切で、仮想マシンの設定より小さくないことを確認します。ホスト上に未使用のメモリがあり、仮想マシンでメモリのスワップやバルーンが高頻度で発生している場合、仮想マシン (リソース プールに属している場合はリソース プール) はリソースの上限に達しています。そのホストに設定されているリソースの上限を確認します。

4

クラスタが DRS クラスタではない場合、DRS を有効にする。オブジェクト ナビゲータでクラスタを選択し、管理 > 設定 > vSphere DRS > 編集 > vSphere DRS をオンにする をクリックします。

5

クラスタが DRS クラスタの場合は次の処理を行う。

  • ホストの数を増やし、1 台以上の仮想マシンを新しいホストに移行させます。

  • しきい値の積極性を確認します。値が低い場合、しきい値を増やします。これにより、クラスタで高負荷部分が発生するのを回避できます。

6

1 台以上のホストに物理メモリを追加する。