アラーム定義の全般設定では、アラーム名、説明、タイプを定義します。 また、[全般設定] ページでは、アラームを有効または無効に設定できます。 アラーム タイプを選択する場合は、監視するインベントリ オブジェクトとアクティビティ(イベント、または条件と状態)のタイプも選択します。 [トリガー] ページのオプションは、監視対象に選択したアクティビティのタイプによって変わります。

始める前に

[アラーム定義ウィザード] の [全般] ページに移動したことを確認します。 vSphere Web Client でのアラーム設定の表示と編集を参照してください。

必要な権限: アラーム > アラームの作成 または アラーム > アラームの変更

手順

  1. 名前と説明を入力します。
  2. このアラームで監視するインベントリ オブジェクトのタイプを選択します。
  3. このアラームで監視するアクティビティのタイプを選択します。

    [トリガー] ページのオプションは、選択したアクティビティのタイプによって変わります。

  4. Next をクリックします。

次のタスク

アラーム トリガーを指定します。