ストレージ アダプタ パネルの統計情報は、デフォルトではストレージ アダプタごとに集約されます。統計情報はストレージ パスごとに表示することもできます。

表 1. ストレージ アダプタ パネルの統計情報

説明

ADAPTR

ストレージ アダプタの名前。

PATH

ストレージ パスの名前。この名前は、対応するアダプタが展開されている場合にのみ表示されます。2 で、対話コマンド e を参照してください。

NPTH

パス数。

AQLEN

ストレージ アダプタの現在のキューの深さ。

CMDS/s

1 秒あたりのコマンド発行数。

READS/s

1 秒あたりの読み取りコマンド発行数。

WRITES/s

1 秒あたりの書き込みコマンド発行数。

MBREAD/s

読み取ったメガバイト/秒。

MBWRTN/s

書き込んだメガバイト/秒。

RESV/s

1 秒あたりの SCSI 予約の数。

CONS/s

1 秒あたりの SCSI 予約の競合の数。

DAVG/cmd

コマンドあたりのミリ秒単位の平均デバイス遅延。

KAVG/cmd

コマンドあたりのミリ秒単位の平均 ESXi VMkernel 遅延。

GAVG/cmd

コマンドあたりのミリ秒単位の平均仮想マシン オペレーティング システム遅延。

QAVG/cmd

コマンドあたりのミリ秒単位の平均キュー遅延。

DAVG/rd

読み取り処理あたりのミリ秒単位の平均デバイス読み取り遅延。

KAVG/rd

読み取り処理あたりのミリ秒単位の平均 ESXi VMkernel 読み取り遅延。

GAVG/rd

読み取り処理あたりのミリ秒単位の平均ゲスト OS 読み取り遅延。

QAVG/rd

読み取り処理あたりのミリ秒単位の平均キュー遅延。

DAVG/wr

書き込み処理あたりのミリ秒単位の平均デバイス書き込み遅延。

KAVG/wr

書き込み処理あたりのミリ秒単位の平均 ESXi VMkernel 書き込み遅延。

GAVG/wr

書き込み処理あたりのミリ秒単位の平均ゲスト OS 書き込み遅延。

QAVG/wr

書き込み処理あたりのミリ秒単位の平均キュー遅延。

FCMDS/s

1 秒あたりに発行された失敗したコマンド数。

FREAD/s

1 秒あたりに発行された失敗した読み取りコマンド数。

FWRITE/s

1 秒あたりに発行された失敗した書き込みコマンド数。

FMBRD/s

1 秒あたりの失敗した読み取り操作のメガバイト数。

FMBWR/s

1 秒あたりの失敗した書き込み操作のメガバイト数。

FRESV/s

1 秒あたりの失敗した SCSI 予約数。

ABRTS/s

1 秒あたりのアボートされたコマンド数。

RESETS/s

1 秒あたりのリセットされたコマンド数。

PAECMD/s

1 秒あたりの PAE (物理アドレス拡張) コマンド数。

PAECP/s

1 秒あたりの PAE コピー数。

SPLTCMD/s

1 秒あたりの分割コマンド数。

SPLTCP/s

1 秒あたりの分割コピー数。

次の表は、ストレージ アダプタ パネルで使用できる対話コマンドを示します。

表 2. ストレージ アダプタ パネルの対話コマンド

コマンド

説明

e

ストレージ アダプタ統計情報の展開表示と非展開表示を切り替えます。展開されたストレージ アダプタに属する個々のパスによって分割された、ストレージ リソース使用率の統計情報を表示できます。アダプタ名の入力を求めてきます。

r

READS/s 列によってソートします。

w

WRITES/s 列によってソートします。

R

MBREAD/s read 列によってソートします。

T

MBWRTN/s written 列によってソートします。

N

最初に ADAPTR 列でソートし、次に PATH 列でソートします。これがデフォルトのソート順序です。