vSphere Web Client を使用して、CPU プロセッサ、メモリ、ファンなど、ホストのハードウェア コンポーネントの状態を監視できます。

ホストの健全性監視ツールを使用して、次のような、さまざまなホストのハードウェア コンポーネントの健全性を監視できます。

  • CPU プロセッサ

  • メモリ

  • ファン

  • 温度

  • 電圧

  • 電源

  • ネットワーク

  • バッテリ

  • ストレージ

  • ケーブル/相互接続

  • ソフトウェア コンポーネント

  • ウォッチドッグ

  • PCI デバイス

  • その他

ホストの健全性監視ツールは、SMASH (Systems Management Architecture for Server Hardware) プロファイルを使用して集めたデータを表示するツールです。表示される情報は、サーバ ハードウェアで使用できるセンサーによって異なります。SMASH は、データセンター内のさまざまなシステムを管理するためのプロトコルを提供する業界標準仕様です。詳細については、http://www.dmtf.org/standards/smash を参照してください。

vSphere Client を直接ホストに接続するか、vSphere Web ClientvCenter Server システムに接続することによって、ホストの健全性ステータスを監視できます。また、ホストの健全性ステータスが変化したときに、アラームを起動するように設定できます。