vSphere Web Client監視 タブでストレージ レポートを表示できます。ストレージ レポートには、ストレージ リソースの詳細が表示されます。

インベントリで選択したオブジェクトには、オブジェクトに関連したカテゴリのリストが利用できます。インベントリ オブジェクトによって、リストにある項目に関する各カテゴリの統計情報を、表示および確認できます。

たとえば、インベントリ オブジェクトがデータストアの場合、データストアにあるすべての仮想マシン、データストアにアクセスするすべてのホスト、データストアがデプロイされている 1 つ以上の LUN などの情報を表示できます。さらに、ストレージが Storage APIs - Storage Awareness で開発されたベンダー プロバイダをサポートしている場合は、物理アレイに関する情報も表示されます。ベンダー プロバイダの詳細については、『vSphere ストレージ』 ドキュメントを参照してください。

レポート テーブルを表示したときのデフォルトの列見出しは、選択したインベントリ オブジェクトによって異なります。列を追加または削除することで、テーブルをカスタマイズできます。レポートは 120 分ごとに自動的にアップデートされます。レポートを手動で更新するには、vSphere Web Client再スキャン をクリックします。

ストレージの属性とキーワードに基づいてレポート テーブルをフィルタリングすると、特定の情報を検索できます。