ハードウェア要件の少ない簡単な MSCS クラスタリング ソリューションでは、スタンバイ ホストを 1 つ選ぶ場合があります。

スタンバイ ホストの各物理マシンに対して 1 台の仮想マシンが搭載されるようにシステムを設定し、各物理マシンとそれに対応する仮想マシンに対して 1 つずつクラスタを作成します。物理マシンの 1 つでハードウェア障害が発生した場合、その物理ホストの処理は、スタンバイ ホストにある仮想マシンが引き継ぐことができます。

次の図は、1 つの物理マシンで 3 台の仮想マシンを使用しているスタンバイ ホストを示しています。各仮想マシンでクラスタリング ソフトウェアが実行されています。

図 1. 物理マシンと仮想マシンのクラスタリング


物理マシンと仮想マシンのクラスタリング