MSCS クラスタ内のすべての仮想マシンの自動化レベルは、[一部自動化] に設定する必要があります。 仮想マシンの vSphere DRS の自動化レベルを一部自動化に設定すると、vCenter Server は、仮想マシンのパワーオン時に仮想マシンの初期配置を実行し、仮想マシンの移行を推奨します。

このタスクについて

注:

MSCS でクラスタ化された仮想マシンの移行は推奨されません。

手順

  1. vSphere Web Client オブジェクト ナビゲータで、クラスタを参照して移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. サービス の下で、編集 をクリックします。
  4. [DRS 自動化] を展開し、[仮想マシンの自動化] の下で 各仮想マシンの自動化レベルを有効にする チェック ボックスを選択して、OK をクリックします。
  5. [構成] の下で、[仮想マシンのオーバーライド] を選択して、追加 をクリックします。
  6. + ボタンをクリックし、クラスタの MSCS 仮想マシンを選択して OK をクリックします。
  7. [自動化レベル] ドロップダウン メニューをクリックし、一部自動化 を選択します。
  8. OK をクリックします。