ESXi 5.5 は、Cisco FNIC および Emulex FCoE アダプタを使用する最大 5 つのノード MSCS クラスタと FCoE ストレージをサポートします。

  • ESXi 5.5 は、Windows Server 2008 SP2、Windows Server R2 SP1、および Windows 2012 サーバ GOS 用の FCoE のみをサポートします。Windows Server 2003 はサポートされていません。

  • 筐体間クラスタ (CAB) および筐体内クラスタ (CIB) がサポートされています。CAB と CIB の混在はサポートされていません。

  • CAB 構成は、物理ホスト上の複数のクラスタ ノードでサポートされます。CAB 構成では、ホスト内の最大 1 台の仮想マシンが LUN を認識できます。

  • CIB 構成では、すべての仮想マシンが同じホストに配置されている必要があります。

  • ゲスト OS の SWiSCSI および FCoE イニシエータには、制限は必要ありません。

  • 1 つの ESXi ホストに、セカンダリ ノードである複数の仮想マシンがあり、1 つのプライマリ ノードが物理マシンである N+1 クラスタ構成がサポートされます。

  • 標準アフィニティと非アフィニティ ルールが MSCS 仮想マシンに適用されます。

  • ホストは ESXi 5.5 を実行している必要があります。

  • すべてのホストが FCoE イニシエータを実行している必要があります。FC と FCoE を実行している混合クラスタ ノードはサポートされません。

  • 混合モード FCoE 構成がサポートされます。たとえば、FCoE ソフトウェア アダプタ Intel ベースのカードを持つ ESXi 上のノード A と、Emulex または Cisco FCoE ハードウェア アダプタを持つ ESXi 上のノード B などです。

  • ESXi 5.5 と以前の ESXi リリースの混合モードの構成は、サポートされていません。

  • 以前のバージョンの ESXi から ESXi 5.5 ビルドへのクラスタ ホストのアップグレードのローリングはサポートされていません。