MSCS クラスタでは、ストレージ ディスクがノード間で共有されます。 クォーラム ディスクと共有ストレージ ディスク (共有ストレージ ディスクは任意) を設定します。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、新規に作成した仮想マシンを選択し、設定の編集 を右クリックして選択します。
  2. 新規デバイス ドロップダウン メニューから、新規ハード ディスク を選択し、追加 をクリックします。
  3. ディスク サイズを選択します。
  4. ディスク プロビジョニングから、シック プロビジョニングを選択します。

    仮想互換モードに設定されている、マッピングされた SAN LUN も使用できます。

  5. 新規ハード ディスク を展開します。 仮想デバイス ノード ドロップダウン メニューから新しい SCSI コントローラ (たとえば SCSI (1:0)) を選択します。
    注:

    新しい仮想デバイス ノードを選択する必要があります。 SCSI 0 は使用できません。

  6. OK をクリックします。

    ウィザードによって新しいハード ディスクと新しい SCSI コントローラが作成されます。

  7. 新規仮想マシン - 設定の編集 ダイアログ ボックスで、SCSI コントローラ を展開し、タイプの変更 ドロップダウン メニューを選択します。
  8. オペレーティング システムに応じて、適切なコントローラ タイプを選択します。

    オペレーティング システム

    コントローラのタイプ

    Windows Server 2003 SP1 および SP2

    LSI Logic パラレル

    Windows Server 2008 SP2 以降

    LSI Logic SAS

    サポートしているゲスト OS については、表 4 を参照してください。

  9. OK をクリックします。
  10. 新規仮想マシン - 設定の編集 ダイアログ ボックスで、SCSI コントローラ を展開し、SCSI バスの共有 ドロップダウン メニューを選択します。 SCSI バスの共有を 仮想 に設定し、OK をクリックします。