リンク層検出プロトコル(LLDP) を使用すると、vSphere の管理者は、どの物理スイッチ ポートが特定の vSphere 標準スイッチまたは vSphere Distributed Switch に接続されているかを判断できます。特定の Distributed Switch に対して LLDP が有効になっている場合は、vSphere Web Client から物理スイッチのプロパティ (シャーシ ID、システム名と説明、およびデバイスの機能など) を表示できます。

このタスクについて

LLDP は、vSphere Distributed Switch バージョン 5.0.0 以上で使用できます。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで Distributed Switch に移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックし、設定 > プロパティ を選択します。
  3. 編集 をクリックします。
  4. 詳細 をクリックします。
  5. リンク層検出プロトコルタイプ ドロップダウン メニューから選択します。
  6. 操作 を 「待機」、「アドバタイズ」、または 「両方」 に設定します。

    操作

    説明

    待機

    ESXi は、関連付けられた物理スイッチ ポートに関する情報を検出して表示しますが、スイッチ管理者は、vSphere Distributed Switch に関する情報を使用できません。

    アドバタイズ

    ESXi は vSphere Distributed Switch に関する情報をスイッチ管理者に提供しますが、物理スイッチに関する情報を検出および表示しません。

    両方

    ESXi は、関連付けられた物理スイッチに関する情報を検出して表示し、スイッチ管理者は、vSphere Distributed Switch に関する情報を使用できます。

  7. OK をクリックします。