アップリンク ポートの VLAN ポリシーを設定し、親アップリンク ポート グループとは異なる方法でポートを通過する VLAN トラフィックを処理します。

始める前に

ポート レベルで VLAN ポリシーをオーバーライドするには、ポートレベルのオーバーライドを有効にします。vSphere Web Client での分散ポート グループの詳細設定の編集 を参照してください。

このタスクについて

アップリンク ポートで VLAN ポリシーを使用して VLAN ID のトランク範囲を物理ネットワーク アダプタに伝達し、トラフィックをフィルタリングします。物理ネットワーク アダプタは、アダプタが VLAN によるフィルタリングをサポートする場合にはほかの VLAN からパケットをドロップします。トランク範囲を設定すると、アップリンク ポートではなく物理ネットワーク アダプタでトラフィックがフィルタリングされるため、ネットワーク パフォーマンスが向上します。

VLAN フィルタリングをサポートしない物理ネットワーク アダプタがある場合は、VLAN は依然として遮断されない可能性があります。この場合は、分散ポート グループまたは分散ポートに VLAN フィルタリングを構成します。

VLAN フィルタリングのサポートの詳細については、アダプタ ベンダーの技術ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client でアップリンク ポート グループを検索します。
    1. アップリンク ポート グループを見つけるには、Distributed Switch を選択して 関連オブジェクト タブをクリックします。
    2. アップリンク ポート グループ タブを選択し、リストからアップリンク ポート グループをダブルクリックします。

      アップリンク ポート グループは左側のナビゲータの最上位レベルに表示されます。

  2. 管理 タブをクリックして、ポート を選択します。
  3. リストからアップリンク ポートを選択して、分散ポート設定を編集します をクリックします。
  4. VLAN をクリックし、オーバーライド チェック ボックスを選択します。
  5. 物理ネットワーク アダプタに伝達する VLAN トランクの範囲 を入力します。

    複数の範囲と個々の VLAN をトランキングする場合は、エントリをコンマで区切って入力します。

  6. OK をクリックします。