vSphere 5.1 以降では、ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス (DCUI) を使用して、vCenter Server と、Distributed Switch を介して管理ネットワークにアクセスするホストとの間の接続を復元できます。

始める前に

管理ネットワークが Distributed Switch のポート グループで構成されていることを確認します。

このタスクについて

ネットワークのロールバックが無効にされている場合、Distributed Switch の管理ネットワークのポート グループが誤って構成されると、vCenter Server とスイッチに追加されたホストの間の接続が失われます。DCUI を使用して各ホストを個別に接続する必要があります。

DCUI へのアクセスと使用方法に関する詳細は、『vSphere セキュリティ』 ドキュメントを参照してください。

注:

Distributed Switch の管理接続の復旧は、ステートレスの ESXi インスタンスではサポートされません。

手順

  1. ホストの DCUI に接続します。
  2. [ネットワーク リストア オプション] メニューの [vDS のリストア] をクリックします。
  3. 管理ネットワークのアップリンクと VLAN (VLAN は任意) を構成します。
  4. 構成を適用します。

タスクの結果

DCUI でローカルの短期ポートが作成され、VLAN とアップリンクに設定した値が適用されます。DCUI は管理ネットワークの VMkernel アダプタを新しいローカル ポートに移動して vCenter Server への接続を復元します。

次のタスク

vCenter Server へのホストの接続が復元された後、分散ポート グループの構成を修正し、VMkernel アダプタをグループに再追加します。