vSphere ポート ミラーリングを vSphere の他の機能と併用する場合、相互運用性に関して考慮すべき問題があります。

vMotion

vMotion 機能は vSphere ポート ミラーリングで選択したセッション タイプに依存します。vMotion の実行中、ミラーリング パスが一時的に無効になることがありますが、vMotion が完了すると元に戻ります。

表 1. vMotion とポート ミラーリングの相互運用性

ポート ミラーリングのセッション タイプ

ソースとターゲット

vMotion と相互運用可能

機能

分散ポートのミラーリング

非アップリンク分散ポートのソースとターゲット

分散ポート間のポート ミラーリングは、ローカルだけで使用できます。vMotion によりソースとターゲットのホストが異なる場合、ポート ミラーリングは機能しません。ただし、ソースとターゲットを同一のホストに移動すれば、ポート ミラーリングは機能します。

リモート ミラーリング ソース

非アップリンク分散ポートのソース

ソースの分散ポートをホスト A からホスト B に移動すると、ソース ポートからホスト A のアップリンクへの元のミラーリング パスは A に移動し、ソース ポートから B のアップリンクへの新しいミラーリング パスが B に作成されます。どのアップリンクを使用するかは、セッションに指定されたアップリンク名で決まります。

アップリンク ポートのターゲット

なし

vMotion ではアップリンクを移動できません。

リモート ミラーリング ターゲット

VLAN ソース

なし

非アップリンク分散ポートのターゲット

ターゲットの分散ポートをホスト A からホスト B に移動すると、ソース VLAN からターゲット ポートへの元のミラーリング パスは、A から B に移動します。

カプセル化されたリモート ミラーリング (L3) ソース

非アップリンク分散ポートのソース

ソースの分散ポートをホスト A からホスト B に移動すると、ソース ポートから宛先 IP への元のミラーリング パスは、すべて A から B に移動します。

宛先 IP

なし

分散ポート ミラーリング (レガシー)

送信元 IP

なし

非アップリンク分散ポートのターゲット

なし

宛先の分散ポートをホスト A からホスト B に移動した場合、ポート ミラーリング セッションのソースが依然として A のターゲットであるため、送信元 IP からターゲット ポートへの元のミラーリング パスはすべて無効になります。

TSO と LRO

TCP セグメンテーション オフロード (TSO) と LRO (Large Receive Offload) は、ミラー化されたパケット数と同数でないミラーリング パケットを生成することがあります。

vNIC で TSO を有効にすると、vNIC は大きなパケットを分散スイッチに送ります。vNIC で LRO を有効にすると、送出された小さなサイズのパケットは、大きなパケットにマージされます。

ソース

ターゲット

説明

TSO

LRO

ソース vNIC が大きなパケットを送出した場合、パケット サイズがターゲットの vNIC LRO の制限を超えると、パケットが分割されます。

TSO

任意のターゲット

ソース vNIC が送出したパケットが大きな場合、パケットはターゲット vNIC で標準パケットに分割されます。

任意のソース

LRO

ソース vNIC が送出したパケットが標準パケットならば、パケットはターゲット vNIC でより大きなパケットにマージされます。