分散ポート グループのネットワーク トラフィックを LAG に移行するには、新しい LAG を作成します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Distributed Switch に移動します。
  2. 管理 を選択し、設定 を選択します。
  3. LACP で、新規リンク集約グループ をクリックします。
  4. 新しい LAG に名前を付けます。
  5. LAG にポート数を設定します。

    物理スイッチの LACP ポート チャネルのポート数と同じ数を LAG に設定します。LAG ポートには、Distributed Switch のアップリンクと同じ機能があります。LAG では、すべての LAG ポートで 1 つの NIC チームが形成されます。

  6. LAG の LACP ネゴシエーション モードを選択します。

    オプション

    説明

    有効

    LAG ポートはすべてアクティブ ネゴシエーション モードとなります。LAG ポートは、LACP パケットを送信して、物理スイッチ上の LACP ポート チャネルとのネゴシエーションを開始します。

    パッシブ

    LAG ポートはパッシブ ネゴシエーション モードとなります。アップリンク ポートは、受信する LACP パケットには応答しますが、LACP ネゴシエーションを開始することはありません。

    物理スイッチ上の LACP が有効なポートがアクティブ ネゴシエーション モードのときは、LAG ポートをパッシブ モードに設定できます。また、その逆も可能です。

  7. LACP で定義されているハッシュ アルゴリズムの中からロード バランシング モードを選択します。
    注:

    ハッシュ アルゴリズムは、物理スイッチ上の LACP ポート チャネルに設定したハッシュ アルゴリズムと同じにする必要があります。

  8. LAG の VLAN ポリシーと NetFlow ポリシーを設定します。

    このオプションは、アップリンク ポート グループ上でアップリンク ポートごとの VLAN ポリシーと NetFlow ポリシーのオーバーライドが有効になっている場合にアクティブになります。LAG に VLAN ポリシーと NetFlow ポリシーを設定すると、アップリンク ポート グループ レベルでこのポリシー セットがオーバーライドされます。

  9. OK をクリックします。

タスクの結果

新しい LAG は、分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバーの順序では使用されません。また、LAG ポートには、物理 NIC は割り当てられていません。

スタンドアロン アップリンクと同様に、Distributed Switch に関連付けられているすべてのホストに LAG が提示されます。たとえば、Distributed Switch のポートを 2 つ使用する LAG1 を作成すると、Distributed Switch に関連付けられたすべてのホストにこの LAG1 が作成されます。

次のタスク

分散ポート グループのチーミング構成およびフェイルオーバー構成で LAG をスタンバイとして設定します。この方法で、ネットワーク接続を切断せずに LAG にネットワーク トラフィックを移行できる中間構成を作成します。