vSphere 標準スイッチと呼ばれる抽象化されたネットワーク デバイスを作成できます。標準スイッチを使用してホストや仮想マシンにネットワーク接続を提供できます。標準スイッチは、同じ VLAN の仮想マシン間のトラフィックを内部的に渡したり、外部ネットワークにリンクしたりすることができます。

標準スイッチの概要

ホストや仮想マシンにネットワーク接続を提供するには、ホストの物理 NIC を標準スイッチ上のアップリンク ポートに接続します。仮想マシンには、標準スイッチ上のポート グループに接続するネットワーク アダプタ (vNIC) があります。すべてのポート グループで 1 つ以上の物理 NIC を使用してネットワーク トラフィックを処理できます。ポート グループに物理 NIC が接続されていない場合、同じポート グループの仮想マシン同士では通信できますが、外部ネットワークとは通信できません。

図 1. vSphere 標準スイッチ アーキテクチャ
vSphere 標準スイッチ アーキテクチャ

vSphere 標準スイッチは、物理イーサネット スイッチと同様の働きをします。ホストの仮想マシン ネットワーク アダプタと物理 NIC は、スイッチ上の論理ポートを各アダプタごとに 1 つずつ使用します。標準スイッチの各論理ポートは、1 つのポート グループのメンバーになります。許可されるポート数およびポート グループ数の最大値については、『Configuration Maximums』 ドキュメントを参照してください。

標準ポート グループ

標準スイッチ上の各ポート グループは、現在のホストに固有のネットワーク ラベルによって識別されます。ネットワーク ラベルを使用して、仮想マシンのネットワーク構成をホスト間で移動できます。データセンターのポート グループが物理ネットワークの 1 つのブロードキャスト ドメインに接続した物理 NIC を使用する場合、ポート グループには同じラベルを与える必要があります。逆に、2 つのポート グループが異なるブロードキャスト ドメインの物理 NIC に接続している場合、ポート グループには別々のラベルを与える必要があります。

たとえば、物理ネットワーク上で同じブロードキャスト ドメインを共有するホストの仮想マシン ネットワークとして Production および Test environment ポート グループを作成できます。

VLAN ID はオプションであり、この ID によって、ポート グループ トラフィックが物理ネットワークの論理イーサネット セグメント内に制限されます。同じホストが参照しているトラフィックを 2 つ以上の VLAN から受信するポート グループの場合、VLAN ID は VGT (VLAN 4095) に設定する必要があります。

標準ポートの数

ESXi 5.5 以降を実行しているホストのホスト リソースを効率良く使用するため、標準スイッチのポートの数は動的に増減されます。このようなホストの標準スイッチは、ホストでサポートされているポートの最大数まで拡張可能です。ポートの限界はホストが処理できる仮想マシンの最大数に基づいて決まります。