ポート上のトラフィックのフィルタリングおよびマーキングのポリシーを有効にして、仮想マシンのネットワーク アダプタ、VMkernel アダプタ、アップリンク アダプタのトラフィックのセキュリティとマーキングを構成します。

始める前に

このポリシーのポート レベルのオーバーライド オプションを有効にします。vSphere Web Client での分散ポート グループの詳細設定の編集 を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で Distributed Switch を参照して移動します。
  2. 分散ポートまたはアップリンク ポートに移動します。
    • スイッチの分散ポートに移動するには、管理 > ポート をクリックします。

    • アップリンク ポート グループのアップリンク ポートに移動するには、関連オブジェクト > アップリンク ポート グループ をクリックし、リストのアップリンク ポート グループをダブルクリックして、管理 タブの ポート を選択します。

  3. リストからポートを選択します。
  4. 分散ポート設定を編集します をクリックします。
  5. トラフィックのフィルタリングとマーキングを選択します。
  6. オーバーライド チェック ボックスを選択し、ステータス ドロップダウン メニューから 有効 を選択します。
  7. OK をクリックします。

次のタスク

分散ポートまたはアップリンク ポートを経由するデータ フローにトラフィックのフィルタリングまたはマーキングを設定します。vSphere Web Client での分散ポートまたはアップリンク ポート上のトラフィックのマーキング およびvSphere Web Client での分散ポートまたはアップリンク ポート上のトラフィックのフィルタリング を参照してください。