ホスト上の複数の物理 NIC のバンド幅を集約するには、Distributed Switch で LAG を作成し、その LAG を使用して分散ポート グループのトラフィックを処理します。

始める前に

  • LACP を使用するすべてのホストで、物理スイッチに個別の LACP ポート チャネルがあることを確認します。vSphere Distributed Switch における LACP のサポート を参照してください。

  • LAG を構成する vSphere Distributed Switch がバージョン 5.5 であることを確認します。

  • Distributed Switch で拡張 LACP がサポートされていることを確認します。

このタスクについて

新しく作成された LAG のポートには、物理 NIC は割り当てられていません。また、この LAG は、分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバーの順序では使用されません。LAG を使用して分散ポート グループのネットワーク トラフィックを処理するには、トラフィックをスタンドアロン アップリンクから LAG に移行させる必要があります。