健全性チェックは vSphere 分散スイッチの設定変更を監視します。 分散スイッチの設定をチェックするには、vSphere 分散スイッチの健全性チェックを有効にする必要があります。

このタスクについて

健全性チェックは、ESXi 5.1 分散スイッチだけで使用できます。 健全性チェック情報は、vSphere Web Client 5.1 以降だけに表示されます。

手順

  1. vSphere Web Client の vSphere 分散スイッチを参照します。
  2. 管理 タブをクリックします。
  3. [設定] を選択し、[健全性チェック] を選択します。
  4. 健全性チェックを有効または無効に設定するには、[編集] をクリックします。
  5. 健全性チェックのオプションを有効または無効にするには、ドロップダウン メニューを使用します。

    オプション

    説明

    VLAN および MTU

    分散アップリンク ポートと VLAN 範囲のステータスを報告します。

    チーミングおよびフェイルオーバー

    ESXi とチーミング ポリシーで使用する物理スイッチの設定が一致していることを確認します。

  6. OK をクリックします。

次のタスク

vSphere 分散スイッチの設定を変更すると、変更内容が vSphere Web Client の [監視] タブに表示されます。 vSphere Distributed Switch 健全性チェック情報の表示を参照してください。