仮想 LAN (VLAN)は、単一の物理 LAN セグメントをさらに分離して、ポート グループが物理的に別々のセグメントにあるかのように、互いに分離できます。

次の理由により、ESXi の VLAN 構成が推奨されます。

  • ホストが既存の環境に統合されます。

  • ネットワーク トラフィックを分離して保護します。

  • ネットワーク トラフィックの輻輳が軽減します。

ESXi の VLAN は、3 通りの方法で構成できます。EST では、パケットの VLAN タギングがすべて物理スイッチ上で行われます。 ホストのネットワーク アダプタは、物理スイッチのアクセス ポートに接続します。 仮想スイッチに接続されたポート グループは、VLAN ID が 0 に設定されている必要があります。

EST では、パケットの VLAN タギングがすべて物理スイッチ上で行われます。ホストのネットワーク アダプタは、物理スイッチのアクセス ポートに接続します。仮想スイッチに接続されたポート グループは、VLAN ID が 0 に設定されている必要があります。

VST では、パケットの VLAN タギングがすべてホストを離れる前に仮想スイッチによって行われます。ホストのネットワーク アダプタは、物理スイッチのトランク ポートに接続されている必要があります。仮想スイッチに接続されたポート グループは、VLAN ID が 1 から 4094 の間に設定されている必要があります。

VGT では、すべての VLAN タギングが仮想マシンによって行われます。VLAN タグは、フレームが仮想スイッチ間で受け渡しされるときに、仮想マシンのネットワーク スタックと外部スイッチの間で保持されます。ホストのネットワーク アダプタは、物理スイッチのトランク ポートに接続されている必要があります。標準スイッチの場合、VGT を使用するポート グループの VLAN ID は 4095 に設定されている必要があります。Distributed Switch の場合は、仮想マシンの接続先 VLAN の範囲が VLAN トランク ポリシーに含まれている必要があります。

注:

VGT を使用する場合は、802.1Q VLAN トランク ドライバが仮想マシンにインストールされている必要があります。