VMkernel アダプタにサポートされているトラフィック タイプや、IPv4 または IPv6 アドレスの取得方法の変更が必要な場合があります。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 管理ネットワーク を選択し、VMkernel アダプタ を選択します。
  3. 対象の分散スイッチまたは標準スイッチ上に配置されている VMkernel アダプタを選択し、編集 をクリックします。
  4. [ポートのプロパティ] ページで、有効にするサービスを選択します。

    チェック ボックス

    説明

    vMotion トラフィック

    vMotion トラフィックを送信するネットワーク接続として、VMkernel アダプタが自体を別のホストにアドバタイズできるようにします。このプロパティは、ホストごとに 1 つの vMotion と IP ストレージ VMkernel アダプタに対してのみ有効にできます。このプロパティがどの VMkernel アダプタでも有効でない場合は、選択したホストへの vMotion での移行はできません。

    Fault Tolerance トラフィック

    ホストのフォールト トレランスのログを有効にします。

    管理トラフィック

    ホストと vCenter Server の管理トラフィックを有効にします。通常、ESXi ソフトウェアがインストールされたときに、ホストによってこのタイプの VMkernel アダプタが作成されます。冗長性を確保するため、ホストの管理トラフィック用 VMkernel アダプタを追加することができます。

    Virtual SAN

    ホストの Virtual SAN トラフィックを有効にします。Virtual SAN クラスタの一部である各ホストには、このトラフィック用の VMkernel アダプタが必要です。

  5. [NIC 設定] ページで、ネットワーク アダプタの MTU を設定します。
  6. IPv4 を有効にしている場合は、[IPv4 設定] セクションで IP アドレスの取得方法を選択します。

    オプション

    説明

    IP 設定を自動的に取得

    DHCP を使用して IP 設定を取得します。

    固定 IP 設定を使用

    VMkernel アダプタの IPv4 IP アドレスおよびサブネット マスクを入力します。

    IPv4 での VMkernel デフォルト ゲートウェイおよび DNS サーバのアドレスは、選択した TCP/IP スタックから取得されます。

  7. IPv6 を有効にしている場合は、[IPv6 設定] で IPv6 アドレスを取得するためのオプションを選択します。
    注:

    IPv6 オプションは IPv6 が有効になっていないホスト上には表示されません。

    オプション

    説明

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを自動的に取得

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを取得します。

    ルータの通知を使用して IPv6 アドレスを自動的に取得

    ルータの通知を使用して IPv6 アドレスを取得します。

    固定 IPv6 アドレス

    1. 追加 をクリックして新しい IPv6 アドレスを追加します。

    2. IPv6 アドレスとサブネット プリフィックスの長さを入力し、OK をクリックします。

    3. VMkernel のデフォルト ゲートウェイを変更するには、編集 をクリックします。

    [IP 設定] の [詳細設定] セクションでは、IPv6 アドレスを削除できます。ルータのアドバタイズが有効になっていると、元の場所から削除したアドレスが表示されることがあります。VMKernel アダプタでの DHCP アドレスの削除はサポートされていません。これらのアドレスは、DHCP オプションがオフの場合にのみ削除されます。

  8. [変更の確認] ページで、VMKernel アダプタに行った変更によりほかの操作が中断されないことを確認します。
  9. OK をクリックします。