新しい LAG を、分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバーの順序でスタンバイとして設定しています。LAG がスタンバイとして設定されていると、ネットワーク接続を失わずに、物理 NIC をスタンドアロン アップリンクから LAG ポートに安全に移行できます。

始める前に

  • すべての LAG ポートか、それに対応する物理スイッチ上の LACP が有効なポートのどちらかが、アクティブな LACP ネゴシエーション モードであることを確認します。

  • LAG ポートに割り当てる物理 NIC は、その速度が同じであり、全二重で構成されていることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client で、LAG が配置されている Distributed Switch に移動します。
  2. アクション メニューから、ホストの追加と管理 を選択します。
  3. ホスト ネットワークの管理 を選択します。
  4. LAG ポートに割り当てる物理 NIC を持つホストを選択し、次へ をクリックします。
  5. [ネットワーク アダプタ タスクの選択] ページで、物理アダプタの管理 を選択し、次へ をクリックします。
  6. [物理ネットワーク アダプタの管理] ページで、NIC を選択し、アップリンクの割り当て をクリックします。
  7. LAG ポートを選択し、OK をクリックします。
  8. LAG ポートに割り当てるすべての物理 NIC に、6 および7 を繰り返します。
  9. ウィザードを終了します。

[ホストの追加と管理] ウィザードで 2 つの物理 NIC を LAG に構成

たとえば、2 つのポートを持つ LAG がある場合、ホストの追加と管理 ウィザードで各 LAG ポートに物理 NIC を構成します。

図 1. LAG ポートへ 2 つの物理 NIC を接続 


vSphere Web Client で 2 つの物理 NIC を LAG へ追加。


次のタスク

分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバーの順序で LAG をアクティブに設定し、すべてのスタンドアロン アップリンクを未使用に設定します。