分散ポートの VLAN ポリシーを使用して、親分散ポート グループとは異なる方法でポートを通過する仮想トラフィックを物理 VLAN と統合します。

始める前に

ポート レベルで VLAN ポリシーをオーバーライドするには、ポートレベルのオーバーライドを有効にします。vSphere Web Client での分散ポート グループの詳細設定の編集を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで Distributed Switch に移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、ポート を選択します。
  3. リストからポートを選択します。
  4. 分散ポート設定を編集します をクリックします。
  5. VLAN をクリックし、オーバーライド を選択します。

    VLAN タイプ ドロップダウン メニューで、分散ポートを通過する VLAN トラフィックを構成します。

    オプション

    説明

    なし

    VLAN を使用しません。

    外部スイッチ タギング (EST) の場合はこのオプションを使用します。

    VLAN

    VLAN ID フィールドの ID を使用してトラフィックにタグを付けます。

    仮想スイッチ タギング (VST) 用に 1 ~ 4094 の数字を入力します。仮想ゲスト タギング (VGT) 用に 4095 と入力します。

    VLAN トランク

    VLAN トランクの範囲 内の ID の VLAN トラフィックを渡します。コンマ区切りリストを使用して複数の範囲や個々の VLAN を設定できます。

    VGT でこのオプションを使用します。

    プライベート VLAN

    トラフィックと、Distributed Switch で作成されたプライベート VLAN を関連付けます。

  6. OK をクリックします。