pktcap-uw ユーティリティのキャプチャ ポイントを使用して、ホスト上のネットワーク スタックの特定の場所で機能がパケットを処理するときにパケットを監視します。

キャプチャ ポイントの概要

pktcap-uw ユーティリティのキャプチャ ポイントは、仮想スイッチを一端、物理アダプタ、VMkernel アダプタ、仮想マシン アダプタをもう一端とするパス上の場所を表します。

特定のキャプチャ ポイントをアダプタ オプションとの組み合わせで使用することができます。たとえば、アップリンク トラフィックをキャプチャするときには、UplinkRcv ポイントを使用します。他のポイントをスタンドアローンでアドレスすることができます。たとえば、ドロップされたパケットを調べるには、ドロップ ポイントを使用します。

注:

pktcap-uw ユーティリティの特定のキャプチャ ポイントは、VMware の内部使用のためにのみ設計されており、VMware テクニカル サポートの監視下でのみ使用すべきものです。これらのキャプチャ ポイントは、『vSphere ネットワーク』ガイドでは説明されていません。

pktcap-uw ユーティリティのキャプチャ ポイントの使用オプション

キャプチャ ポイントでのパケットの状態または内容を調査するには、--capturecapture_point オプションを pktcap-uw ユーティリティに追加します。

キャプチャ ポイントの自動選択

物理アダプタ、VMkernel アダプタ、または VMXNET3 アダプタに関連するトラフィックについては、--dir オプションおよび --stage オプションを組み合わせることで、ポイントの前後でどのようにパケットが変化するかを調査するためのキャプチャ ポイントを自動選択し、ポイントを切り替えることができます。