デフォルトでの新しい LAG は、分散ポート グループのチーミングおよびフェイルオーバーの順序では使用されません。分散ポート グループに対してアクティブにできるのは 1 つの LAG か、スタンドアロン アップリンクのみであるため、中間チーミングおよびフェイルオーバー構成を作成し、この構成で LAG をスタンバイにする必要があります。この構成により、ネットワーク接続が確立した状態に保たれるため、物理 NIC を LAG ポートに移行できます。

手順

  1. Distributed Switch に移動します。
  2. アクション メニューから、分散ポート グループの管理 を選択します。
  3. チーミングおよびフェイルオーバー を選択して、次へ をクリックします。
  4. LAG を使用するポート グループを選択します。
  5. [フェイルオーバーの順序] で、LAG を選択し、上矢印を使用して LAG を [スタンバイ アップリンク] リストに移動します。
  6. 次へ をクリックして、中間チーミングおよびフェイルオーバー構成の使用に関するメッセージを確認し、OK をクリックします。
  7. [終了準備の完了] ページで 終了 をクリックします。

次のタスク

物理 NIC をスタンドアロン アップリンクから LAG ポートに移行します。