VMkernel ネットワーク アダプタで TSO を使用している場合、物理 NIC は大きいデータ チャンクを CPU ではなく TCP セグメントに分割します。その結果、より多くの CPU サイクルがアプリケーションに使用されます。デフォルトでは、ホストはハードウェア TSO を使用するように構成されます (NIC でサポートされる場合)。

始める前に

次のいずれかの要件が満たされていることを確認します。

  • VMkernel アダプタで、iSCSI、vSphere vMotion などのホスト ネットワーク サービスに関するトラフィックが処理されない。

  • ネットワーク サービスが代替 VMkernel アダプタを使用してトラフィックを送信できる。

このタスクについて

特定の VMkernel アダプタに対して TSO が無効になっている場合、TSO を再度有効にする唯一の方法は、そのアダプタを削除してから、TSO を有効にしてアダプタを再作成することです。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 管理ネットワーク を選択し、VMkernel アダプタ を選択します。
  3. リストから VMkernel アダプタを選択し、その設定を書き留めます。

    その後新しく追加する VMkernel アダプタには、同じ設定を指定する必要があります。

  4. 削除 をクリックします。
  5. 確認のダイアログで 影響の分析 をクリックし、影響を受けるネットワーク サービスがないことを確認してから、OK をクリックします。
  6. [VMkernel アダプタ] リストで ホスト ネットワークを追加します をクリックします。
  7. [接続タイプの追加] ページで、VMkernel ネットワーク アダプタ を選択し、次へ をクリックします。
  8. [ターゲット デバイスの選択] ページで、VMkernel アダプタを標準スイッチまたは分散ポート グループに割り当てます。
  9. [ポートのプロパティ] ページで、以前のアダプタに関連付けられている IP バージョンとネットワーク サービスを構成し、次へ をクリックします。
  10. [IPv4 設定] および [IPv6 設定] ページで、以前のアダプタで使用される IP 設定を構成します。
  11. 設定を確認して、終了 をクリックします。