通常の vSphere Replication インストールの場合、ソース サイトは業務に不可欠なデータセンター サービスを提供します。ターゲット サイトはこのようなサービスを移行できる代替設備となります。

ソース サイトには、vCenter Server が重要なビジネス ニーズをサポートするどのサイトでも指定できます。ターゲット サイトは、冗長性を確立するために別の場所にも同じ室内にも配置できます。通常、ターゲット サイトは、ソース サイトに影響を与える環境、インフラストラクチャ、またはその他の障害による影響を受けにくい設備に配置されます。

vSphere Replication には、各サイトの vSphere® 構成に関する次の要件があります。

  • 各サイトには、少なくとも 1 つのデータセンターが必要です。

  • ターゲット サイトは、ソース サイトと同じ仮想マシンおよび負荷をサポートできるハードウェア、ネットワーク、およびストレージ リソースを備えている必要があります。

  • サイトは、信頼性の高い IP ネットワークによって接続されている必要があります。

  • ターゲット サイトは、ソース サイトと同等のネットワーク (パブリックおよびプライベート) にアクセスできる必要があります。ただし、ネットワーク アドレスの範囲は同じでなくてもかまいません。

ソースとターゲット サイトを接続する

2 つのサイトの間で仮想マシンをレプリケートする前に、サイト同士を接続する必要があります。サイトが異なる SSO を使用している場合、IP または FQDN、ユーザー、パスワード情報を含むターゲット サイトの認証情報を提供する必要があります。サイトを接続する際に、両方のサイトのユーザーが VRM リモート > VRM の管理権限を持っている必要があります。同じ SSO に属するサイトを接続する場合は、すでにログインしているので、認証情報を提供せずにターゲット サイトを選択するだけです。サイトを接続した後、ターゲットサイト タブでサイト間の接続状態を監視することができます。