vSphere Replication を使用して、ターゲット サイトで正常にレプリケートされた仮想マシンを、一度に 1 つずつ復旧できます。

始める前に

ソース サイトで仮想マシンの電源がオフになっていることを確認します。

手順

  1. ターゲット サイトの vSphere Web Client にログインします。
  2. 受信レプリケーション タブで、復旧する仮想マシンを右クリックし、復旧 をクリックします。
  3. 仮想マシンをすべての最新データで復旧するか、ターゲット サイトの最新のデータで復旧するかを選択します。

    オプション

    説明

    最新の変更で復旧

    仮想マシンを復旧する前に、ソース サイトからターゲット サイトへの仮想マシンの完全な同期を実行します。このオプションを選択するとデータの損失は回避されますが、これは、ソースの仮想マシンのデータにアクセスできる場合にのみ使用できます。このオプションは、仮想マシンがパワーオフ状態の場合にのみ選択できます。

    利用可能な最新データで復旧

    同期を実行せず、ターゲット サイト上の最新のレプリケーションからのデータを使用して仮想マシンを復旧します。このオプションを選択すると、最新のレプリケーション以降に変更されたデータは失われます。このオプションは、ソースの仮想マシンにアクセスできない場合、あるいはそのディスクが破損している場合にのみ選択してください。

  4. 復旧フォルダを選択して、次へ をクリックします。
  5. ターゲット コンピュータ リソースを選択し、次へ をクリックします。
  6. レプリケーション用にまだ有効化していないハード ディスクが仮想マシンに存在する場合、既存のディスクを接続またはディスクを分離するターゲットの場所を選択して 次へ をクリックします。

    このページは、レプリケーション用にまだ有効化していないハード ディスクが仮想マシンに存在する場合のみ表示されます。

    • ターゲットの場所を選択するには、参照 をクリックし、ディスク ファイルが配置されているデータストアのフォルダに移動します。

    • ディスクを分離し、ディスク ファイルを復旧から除外するには、分離 をクリックします。

  7. (オプション) : リカバリ後にパワーオン を選択します。
  8. 終了 をクリックします。

タスクの結果

vSphere Replication は、指定された入力を検証し、仮想マシンを復旧します。正常に行われる場合、仮想マシン ステータスは 復旧済み に変更されます。仮想マシンは、ターゲット サイトのインベントリに表示されます。

仮想マシンの複製を構成したときに、複数の特定の時点のインスタンスを有効にした場合、vSphere Replication は正常な復旧の後に標準的なスナップショットとして保持インスタンスを示します。これらのスナップショットの 1 つを選択して仮想マシンを復元できます。スナップショットに復元するとき、vSphere Replication はメモリ状態を保存しません。

復旧が失敗した場合、仮想マシンのレプリケーションは、復旧を試みる前の状態に、レプリケーションの状態に戻ります。復旧の失敗に関する詳細については、レプリケーションの詳細ペインに表示される最新の復旧エラー メッセージを確認するか、vCenter Server タスクを確認してください。

vSphere Replication を使用して単一の vCenter Server 内の仮想マシンをレプリケートし、vCenter Server インスタンスのインベントリ内には 1 つのホストしかないというシナリオで、仮想マシンに同じ名前を使用しても復旧が失敗する場合があります。詳細については単一の vCenter Server インスタンス内での仮想マシンの復旧時のエラーを参照してください。

ソース サイトが引き続き使用可能な場合、vSphere Replication は復旧する仮想マシンを無効にします。仮想マシンが再び電源オンになった場合、リカバリ サイトにレプリケーション データを送信しません。レプリケーションの構成解除をするためには、レプリケーションの停止 を選択します。

ソース仮想マシンが vCenter Server インベントリに既に存在しない場合、レプリケーションの構成は解除されます。構成が解除されたレプリケーションは、サマリ タブ、発信レプリケーション または 受信レプリケーション タブに表示されなくなります。実行済みの復旧に関する情報については、vCenter Server タスク履歴をチェックしてください。

レプリケートされた仮想マシンが分散仮想スイッチに接続されていて、自動化された DRS クラスタで復旧を実行しようとすると、復旧操作は成功しますが、処理後の仮想マシンのパワーオンができなくなります。復旧した仮想マシン設定を編集して、適切なネットワークに接続します。

vSphere Replication は、本番ネットワーク内のダメージを回避するため、仮想マシン ネットワーク アダプタの接続を解除します。リカバリ後、仮想ネットワーク アダプタを適切なネットワークに接続する必要があります。ターゲット ホストまたはクラスタが、仮想マシンを構成しているソース サイトの DVS にアクセスできない場合、仮想マシンを手動でネットワークまたは他の DVS に接続して仮想マシンを正常にパワーオンします。