単一の vCenter Server インスタンスのインベントリにホストが 1 台しかない場合でも、vSphere Replication を使用してその vCenter Server で仮想マシンをレプリケートできます。

単一の vCenter Server インスタンスでレプリケーションを構成する場合は、ソース サイトをレプリケーションのターゲット サイトとして選択できます。次に、ソース サイトとターゲット サイトのあるインフラストラクチャの場合と同じ方法でレプリケーションを構成します。たとえば、同じホストまたは別のホストに接続されている別のデータストアに仮想マシンをレプリケートできます。vSphere Replication では、ソースまたはレプリケートした仮想マシンの vmdk ファイルをレプリケーションのターゲットとして使用できなくなります。

仮想マシン名は、vCenter Server インベントリ内の同じフォルダ内で一意にする必要があります。復旧ウィザードでは、同じ名前の仮想マシンがすでに登録されていた場合、vSphere Replication でフォルダを選択できません。復旧中、同じ名前の仮想マシンがある場合、エラー メッセージが表示される場合があります。詳細については単一の vCenter Server インスタンス内での仮想マシンの復旧時のエラーを参照してください。

注:

vCenter Site Recovery ManagerSRM) のデプロイの一部として vSphere Replication をインストールする場合、同じ vCenter Server インスタンスで構成するレプリケーションは SRM ユーザー インターフェイスに表示されません。ただしこれらのレプリケーションは、vSphere Web ClientvSphere Replication ユーザー インターフェイスで監視および管理できます。