vSphere Replication では、レプリケーション中に仮想マシンのディスク ファイルのサイズを変更できません。ターゲット ディスクの構成でレプリケーション シードを使用しなかった場合、vSphere Replication では、レプリケーションを停止したときにターゲット ディスクが削除されます。

このタスクについて

レプリケーション シードを使用しなかった場合に仮想マシンのディスクのサイズを変更するには、復旧を実行し、レプリケーション シードを手動で使用してディスクを再構成する必要があります。

手順

  1. 復旧を実行します。
  2. レプリケーションの構成を解除します。
  3. ソース サイトのディスクをサイズ変更します。
  4. ターゲット サイトの復旧した仮想マシンのディスクをサイズ変更します。
  5. ターゲット サイトの復旧した仮想マシンの登録を解除します。ただし、ディスクを削除しないでください。
  6. 復旧した仮想マシンのディスクをシードとして使用してレプリケーションを有効化します。